【すんごいテカテカやん!】新型「RAV4」の兄貴分となるフルモデルチェンジ版・トヨタ新型スポーツSUV「ハイランダーXSE」を最速インプレッションしてみた【動画有】

~新型「ハイランダーXSE」は現車で見るとまた印象が大きく変わるようだ~

2020年2月6日より開催のシカゴモーターショー2020にて、トヨタ新型「RAV4」の兄貴分となる3列シートSUV・新型「ハイランダー」をベースにしたスポーツグレード「ハイランダーXSE(Toyota NEW Highlander XSE)」が世界初公開されましたが、早速このモデルのエクステリア・インプレッション動画が公開されています。

今回早くもインプレッション動画を公開しているのは、海外のカーメディアRaiti’s Ridesさんで、このモデル以外にもホンダのマイナーチェンジ版・新型「シビック・タイプR(Honda Civic Type R)」やフォルクスワーゲン新型「アトラス(Volkswagen Atlas)」のインプレッション動画も最速にて公開していますね。

スポンサーリンク

~「ハイランダーXSE」はブラックの主張がとにかく強い!~

早速新型「ハイランダーXSE」の外観インプレッションを見ていきましょう。
以前の記事でもご紹介しましたが、今回発表されたグレードは、特別仕様車ではなく”XSE”のみ設定可能となるスポーティなフロントマスクを持ったクールな一台。

従来グレードとは異なり、専用フロントグリルやインテークは想像以上にテッカテカのグロスブラックにてペイント処理されていますね。
まずは上の画像の通り、L字型ブレードがグロスブラックにて仕上げられていますが、このテカリがスポーティさを表現する上で重要になっているそうです。

そしてこちらがスポーティなフロントマスク。
フロント上部のハニカムグリルもグロスブラックにてテッカテカに仕上げられ、光沢が凄いこと何の。確かに高級感というよりもスポーティ感の方が強いように感じます。

そしてその下のキーンルックグリルは、グロスブラックではなくマット系に近いダークグレー塗装に仕上げられています。
現行「カムリ」並みのワイドなグリルを採用していますが、ダイナミックに思えるもこれが結構ナチュラルにまとめられています。

ちなみにこちらが「カムリ」のキーンルックグリル。

フロントフードは独特のプレスラインを設けていますが、ちょっとセンタープレスラインは微妙?

BピラーやCピラーはピアノブラック仕上げのようですね。
これだけでも十分引き締まっていてカッコいいですし、トップルーフをブラックにした2トーンに仕上げれば、更にスポーティな印象を与えることができるのではないか?と思います。

こちらはデュアルトーンカラーの大口径アルミホイール。
こちらもブラックがテッカテカ!シルバーは切削光輝仕上げで高級感を高めていますね。
最近のトヨタは、新型「GRスープラ”RZ”」でもそうですが、スポーティなグレードにはデュアルトーンカラーのアルミホイールを採用しているように思います。

こちらはリヤデザイン。
リヤテールランプはレクサス「NX」のL字テールに近いワイド感。
そしてリヤウィンカーの点滅ポイントもマイナーチェンジ前の「NX」と同じ外側のアンダーが点滅するタイプとなります(しかもLEDではなく豆球)。

こちらがレクサス「NX」のリヤテールランプ。
よ~く見てみるとテールランプの長さもほぼ同じのように思えますね。

マフラは片側2本出しのクロームエキゾーストパイプをインストール。
これもまたスポーティさと高級感を上手く組み合わせています。

【Is the 2021 Toyota Highlander XSE a REAL performance SUV?】

☆★☆新型「ハイランダー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう