人生終わった…アメリカの不良少年グループがランボルギーニディーラーから「ウルス」2台盗む→2台ともに追突事故で発見される→少年2人は無免許で即逮捕【動画有】

~盗むモノもとんでもないが…まさか2台ともに事故してしまうとは…~

2020年2月17日(月)の夜中3時頃、アメリカ・ボストン郊外のウェイランド警察の情報によると、地元のランボルギーニ・ディーラーにある展示車&試乗車として扱われていたSSUVモデル「ウルス(Lamborghini Urus)」×2台(それぞれ約4,400万円相当)が不良少年グループによって盗まれたとのこと。

その後、「ウルス」で逃走していたところ、ディーラーから約30km程離れたルート20辺りにて、共犯で一緒に逃げていた先頭車両のシボレー「クルーズ」が停車した際、ブラックの「ウルス」がわき見運転で「クルーズ」に追突してしまい、その後続にて走行していたホワイトの「ウルス」もブラックの「ウルス」に追突事故を起こしてしまうというとんでもない玉突き事故が発生しています。

スポンサーリンク

~不良少年グループはもちろん無免許運転で即逮捕に~

この事故により、少年グループの3人が逮捕されたとのことですが(そのうちの少年一人の写真も公開されている)、ウェイランド警察の報告書によれば、3人の内2人が無免許運転であったことが発覚したため、事故並びに無免許運転による重い罪が課される可能性が高いとのこと(しかも無免許の2人が「ウルス」を運転していた)。

なお、今回の被害を受けたランボルギーニ・ディーラーの担当役員によれば、今回の罪は非常に悪質で計画的且つ技術的な犯行によるものであるとして、事故した車両本体の修理並びに賠償請求を命じるとのことですが、おそらくその額も相当な金額になることが予想されますね。

~ドライバを選ぶことのできない車たちを見ると非常に悲しいものがある~

改めて事故した「ウルス」たちを見ていきましょう。
何とも悲惨な姿と言いますか…まさか無免許運転で一発目に事故した車両が「ウルス」というのもとんでもない話ですね。

「クルーズ」に突っ込んで事故したブラックの「ウルス」がコチラ。
フロントバンパーは大きく損傷し、内部の電子パーツも一部損傷しているとのことで、相当な修理費用が発生すると言われています。

ホワイトの「ウルス」も同様にフロントバンパーを損傷していますが、こちらはそこまで大きな事故ではなかったとのこと。

そしてこちらが先頭車両として逃走を図っていたシボレー「クルーズ」。
事故現場は一時騒然としていましたが、まさかこの事故を少年グループが行っていたとは誰も予想していなかったでしょうね。

☆★☆事故関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARANDDRIVER

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう