悪夢再び…フルモデルチェンジ版・BMW新型「4シリーズ・クーペ」の開発車両が目撃に。安定の巨大キドニーグリル採用で、韓国・起亜(Kia)のグリルそっくりに

~どうやら悪夢は現実のものとなりそうだ~

前回、BMWのフルモデルチェンジ版・新型「4シリーズ・クーペ(BMW New 4 Series Coupe)」のフロント・リヤデザインが完全リークし、更に巨大キドニーグリルを搭載した開発車両が一瞬だけ目撃されていましたが、今回2度目となる過激な巨大キドニーグリルを採用した開発車両が”しっかり”と目撃されています。

キドニーグリルが完全にカモフラージュ無しの状態にて目撃されている今回の新型「4シリーズ・クーペ」ですが、左右のグリルがくっ付いた非独立タイプで、更にフロントのLEDデイタイムランニングライトは、新型「3シリーズ」同様にU字型が連なるタイプになっていますね。

スポンサーリンク

~このキドニーグリルが韓国ではかなりの批判を受けている模様~

改めて巨大キドニーグリルを見ていきましょう。
やはり見慣れるにはかなりの時間を要する過激なデザインですが、以前量産モデルとなる新型「iX3」が世界初公開された際、このキドニーグリルのデザインが韓国・起亜(Kia)のタイガー・ノーズグリルに酷似しているとして、韓国ユーザーから猛バッシングを受けていたことがありました。

ちなみにこちらが、韓国・起亜「スティンガーGT」のタイガーノーズグリル。
正直、このモデルが当初登場したときは「BMWのパクリじゃね?」と思ったほどですが、現在ではこのグリルデザインが韓国では主流となっていて、むしろ左右非独立タイプの巨大キドニーグリルを採用したモデルが”起亜のパクリ”と批判されるほどにまでイメージが逆転してしまっているんですね。
そのため、今回の新型「4シリーズ・クーペ」も、もしかすると韓国ユーザーからの批判を受ける可能性が高そう。

~キドニーグリル以外のデザインはかなりスタイリッシュでスポーティ~

改めて新型「4シリーズ・クーペ」の開発車両に戻りましょう。
フロントヘッドライトのハウジング形状は、新型「8シリーズ」からインスパイアされたアグレッシブでシャープなデザインに仕上げられていますね。

そしてリヤデザインはこんな感じ。
ちなみにリヤテールランプも、新型「8シリーズ」からインスパイアされたスタイリッシュなLEDを採用しているそうです。

こちらはサイドビュー。
フロント・リヤオーバーハングがほぼ同じ長さで、前後重量比のバランスが高そうな2ドアクーペスタイルを採用し、トップルーフはフラットにすることなく、すぐに下っていくような流線形を描いていますね。

インテリアのスパイショットは無いものの、インフォテイメントシステムやデジタルゲージ、ステアリングホイールなどは、ほぼほぼ新型「3シリーズ」と同じになるのではないか?とのこと。

気になるパワートレインについてですが、こちらも新型「3シリーズ」と同じ4気筒・6気筒エンジンをラインナップし、最上位グレードのMモデルともなると、「X3 M/X4 M」に搭載される排気量3.0L 直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力510psを発揮する可能性が高いとのことです。
ボディ形状としては、2ドアクーペとコンバーチブル、グランクーペを予定しており、2020年末までには販売スタートする予定だそうです。

☆★☆新型「4シリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう