これは楽しみだ!フルモデルチェンジ版・日産の新型マイクラはルノーメインで開発・製造すると報道。この勢いでマーチもモデルチェンジしてほしいが…

次期マイクラは今のところe-Powerを搭載するなどの噂はない

ちなみに次期マイクラのパワートレインについては、まだまだ詳細な情報は無いものの、恐らくe-POWERなどのハイブリッド仕様は登場しないと考えられ、これまで通りガソリンとディーゼルの2種類になると予想(搭載するとしてもノートと同じ1.2L+e-POWER?)。

ちなみに現行マイクラは、既にフランスのルノー・フラン工場にて製造されていますが、今後車両の組立てを段階的に廃止し、その代わりとして2024年頃からリサイクル活動に集中する予定であるとも報じられています。

マーチは今のところ全く次期モデルに関する情報が無い

そして日本市場向けに販売されているマーチですが、こちらは7月に一部改良で安全装備が強化されたばかりなので、少なくともここ2年ぐらいはフルモデルチェンジする可能性は低いですし、もしかしたら来年以降に販売終了することだって十分に考えられるので、そうなると後継モデルとしてマイクラを日本に導入してほしいと思うのが自然な流れになると思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽


やはり日産の欧州モデルはルノー主体で設計が進められる可能性が高そう

そしてルノーは今後、欧州市場向けの小型B-SUVモデルとなるルノー・キャプチャや日産・ジューク、次世代C-SUVモデルの日産・新型キャッシュカイやルノー・カジャーも担当していくとのことで、恐らくその背景には日産の開発投資・コストを抑えることも一つの目的に含まれているのではないかと推測されます。

☆★☆日産・新型車関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう