【価格は約387万円から】(英)マツダ新型MX-30の価格帯が明らかに。日本市場向けも2020年10月8日より発売スタートで1グレードのみをラインナップ!

イギリス市場向けの新型MX-30に関する情報をチェックしていこう

続いて新型MX-30のボディサイズについてですが、全長4,395mm×全幅1,795mm×全高1,555mm、ホイールベースは2,655mmと結構コンパクトで、CX-3とCX-30の中間ぐらいとなります。

グレードは大きく3種類、価格は約387万円から

続いてグレード別の装備内容と価格帯を見ていくと、エントリーグレードSE-L Luxでも18インチの大口径アルミホイールとブラックペイント処理されたフロントグリル/サイドミラーキャップ、フルLEDヘッドライト、リバースカメラ、ナビゲーションシステム、ヘッドアップディスプレイ、7インチセンターディスプレイを全て標準装備し、価格帯は約387万円からとなります。

続いて中間グレードのSport Luxに関しては、先ほどのSE-L Luxグレードに加えて、様々なカラーに設定可能な大口径アルミホイールや自動防眩インテリア(フレームレス)、運転席サイドミラー、リヤプライバシーガラス、スマートキーレスエントリー、クロームインサート、レザーレット、フロントシートヒーターを標準装備し、価格帯は約415万円からとなります。

そして最後に上位グレードとなるGGSport Techは、先ほどのSport Luxグレードに加えて、シグネチャーLEDテールライトやパワーサンルーフ、ヒーター付きステアリングホイール、Boseプレミアムオーディオシステム、アラウンドビューカメラ、フロントクロストラフィックアラート、ドライバーモニタリング、スマートブレーキサポートを全て標準装備し、価格帯は約446万円と結構な価格帯にまで跳ね上がります(エントリーグレードに比べて約60万円アップ)。

なおこのモデルは、2021年3月より初回限定500台のみとなるファーストエディションとして発売される予定ですが、全グレードに対して地方自治体からの助成金40万円は一切含まれないとのことで、これはこれでさらに魅力が半減してしまいそうですね。


日本市場向けのモデルも詳細が明らかに

続いては日本市場向けの新型MX-30に関してですが、いつもお世話になっているマツダディーラーにて取材させていただいたところ、発表・発売は2020年10月8日で、エンジンラインナップは排気量2.0L 直列4気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたマイルドハイブリッド(エンジン出力156ps+モーター出力6.9ps/最大トルク199Nm+モータートルク49Nm)のみ。

以前より気になっていたボディカラーラインナップとしては、モノトーンが4色、3トーンが3種類の計7色という構成で、3トーンはピラーがグレーメタリック、トップルーフがブラックに固定されます。

具体的なボディカラー一覧は以下の通り。

【新型MX-30ボディカラー一覧】

[モノトーン]
・ポリメタルグレーメタリック
・セラミックメタリック
・ジェットブラックマイカ
・マシングレープレミアムメタリック

[3トーン]
(ボディ)ポリメタルグレーメタリック×(ピラー)グレーメタリック×(ルーフ)ブラック
(ボディ)セラミックメタリック×(ピラー)グレーメタリック×(ルーフ)ブラック
(ボディ)ソウルレッドクリスタルメタリック×(ピラー)グレーメタリック×(ルーフ)ブラック

そして気になるグレード展開は一切なく、僅かに1グレードのみ(100周年特別記念モデルも追加)となるようです。

日本市場向けの新型MX-30の価格帯は以下の通り。

【新型MX-30価格帯一覧(10%税込み)】

・2WDモデル:2,420,000円
・4WDモデル:2,665,500円

・100周年特別記念(2WD):3,157,000円
・100周年特別記念(4WD):3,393,500円

☆★☆マツダMX-30関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう