えっ?トヨタが2023年に新型センチュリー級の超高級SUVを発売と報道。ライバルはロールスロイスで、クラウンSUVとは異なる公用・法人モデルか?

センチュリー級の超高級SUVでも、”トヨタブランド”の付加価値がどれだけあるかがポイント

ロールスロイスやベントレーであれば、車両本体価格3,000万円超え(乗り出し価格は5,000万円)であっても、ロールスロイス/ベントレーというブランド付加価値が必ず備わってくるため、そのブランドに投資していることと同じ考えになるわけですが、トヨタともなるとどうしても大衆車と言うイメージが真っ先に付いてくるため、果たして数千万円という金額を投じるだけの魅力があるか?と言われるとちょっと微妙。

例えばこれがレクサスブランドとして販売されるのであれば、また少しユーザーからの印象も変化してくるとは思うのですが、それでもロールスロイス/ベントレーという超高級ブランドに立ち向かえるかと言われると中々難しいものがあると思います。


この領域のユーザーを対象にすると、”カブる”モデルは好まれない

あとはロールスロイス等の超高級ブランドのように、パーソナルオプションが充実しているかどうか?というところ。

つまりこういったモデルを購入するユーザーともなると、他とカブるようなモデルは購入したくないという想いがあり、そのユーザー独自の拘りやオプションが充実していなければ(ボディカラーや内装に至ってはオプションが無限大にある)、恐らく競合モデルに対抗することはできないと考えています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

確かにトヨタの言うように、日本の匠の技術を結集させることで、他のブランドには無い独創性が持たれることは間違いないと思いますが、その一方で他社に比べてフレキシブル性やオプション範囲はかなり狭まる恐れがあるため、この点を対象ユーザーがどのように評価するかもキーポイントになると思います。

トヨタはとにかくSUVを多く売っていきたい?

とはいえば、こうもトヨタからSUVが乱売されるというもちょっと驚くものがありますが、昨今はSUVブームと言うこともあり、昨今の諸事情で体力を落とすメーカーが存在する中でも、トヨタとしても勢いに乗れるところは徹底的に乗って利益を確保するスタイルをとっていくのだと思われます。

ちなみに、トヨタが現在ラインナップするSUVに加えて、クラウンSUVとセンチュリー級SUVが市場に投入されるのであれば、全10車種のSUVがラインナップされることに。

・ライズ
・ヤリスクロス
・C-HR
・カローラクロス(2021年中頃発売予定)
・RAV4
・ハリアー
・ランドクルーザープラド
・ランドクルーザー200(2021年5月以降にランクル300発売予定)
・クラウンSUV?
・センチュリー級SUV?(2023年発売予定)

おそらくここまでのSUVを揃えている自動車メーカーも存在しないのでは?と思いますが、まだまだ隠し玉を備えている可能性もありますし、まずは2021年に発売予定の新型カローラクロスや新型ランドクルーザー300に期待したいところです。

☆★☆トヨタ新型関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:中部経済新聞

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう