首都高に続き今度は鹿児島県にて道路を封鎖して愛車撮影する動画が公開され炎上。なぜダメだと分かってて撮影してしまうのか【動画有】

2021-02-02

楽天ニュースでも大々的に取り上げられた非常に危険な撮影行為→一歩間違えれば死亡事故につながれる恐れも

なお、こういった公道を封鎖して自身の愛車を撮影する悪質は行為は後を絶たず、過去には首都高速道路・さいたま新都心線トンネル出口手前にて、インスタ映えを狙ってトヨタ86GT”Limited”を停車→撮影を試みるも、これが大問題で炎上したこともありました(@yomickey_86:現在はアカウント削除済み)。

86GT”Limited”に乗る女性ドライバーは「一瞬の試み」という文章を残して非常に危険な撮影を行っているのがわかります。

上の画像を見てもわかりますが、トンネル内のカーブの先となっているので、仮に後続車が居ないタイミングで撮影したとはいえ、撮影中に後続車が迫ってきたら間違いなくブレーキは間に合わずに追突事故を引き起こす危険な行為となります(しかも左側車線なので追突してくる可能性は限りなく高く避けるのも困難)。


高速道路上での駐停車は違反行為になる

なお高速道路上での駐停車は道路交通法により原則禁止となっていて、以下の理由が無い限り違反行為(3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金)となるので要注意。

・危険防止などのため一時停止するとき
・故障などのため十分な幅のある路肩や路側帯にやむを得ず駐停車するとき
・パーキングエリアで駐停車したり、料金の支払いなどのため停車するとき

今回のインスタグラム投稿において、なかには「危ない」と注意喚起を促してくれるユーザーもいらっしゃいますが、これに対してyomickey_86は「ちゃんと車が来ないことを確認して撮ってます」と返事しているため、車が来る来ないの次元の話ではないことを改めて理解する必要がありそうです。

☆★☆ハプニング・事故関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Rakuten

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう