フルモデルチェンジ版・ホンダ新型CR-Vのインテリアが先行公開!レイアウトは新型シビックがベース?更に首都高・大黒PAに新型ZR-Vの開発車両をスパイショット!【動画有】

首都高速道路・大黒PAにて初スパイショットされたホンダZR-Vの開発車両を見ていこう

via:Twitter

続いては、2022年11月以降に発表・発売予定となっているホンダ新型ZR-Vの開発車両が2台スパイショットされています。
※Twitter ID:@FL1_DAIBUTSU様より、事前に画像の使用許可を得ております(ありがとうございます!)

首都高速道路・大黒PA駐車場にてスパイショットされた新型ZR-Vの開発車両ですが、既に内外装デザインは海外仕様向けで明確になっているものの、日本仕様はまだまだ分厚めのカモフラージュラッピングにて偽装されている状態です。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ちなみに上の画像を確認してみると、ブラックのデュアル5スポークアルミホイールに装着されているタイヤはブリヂストン製アレンザ。

ステーションワゴンに近いSUVモデルでありながらも、ベースとなっているプラットフォームは新型シビックなので、おそらくSUVを走らせてるというよりも、スポーティでハイライディングなステーションワゴンを走らせているイメージなのかもしれませんね。


リヤビューもステーションワゴンのようでアクティビティ

via:Twitter

そしてこちらはリヤクォータービュー。

テールランプもほぼ偽装されていますが、基本的には海外市場向けと同じだと考えられます。

そしてリヤマフラーですが、両サイド1本出しのエキゾーストフィニッシャーがインストールされていて、中のエキゾーストパイプが片側1本出しなのか、それともフィニッシャー同様に両サイド1本出しなのかは不明。

何れにしてもスポーティなCセグメントSUVになることは間違いなく、走りはもちろんのこと、内外装の質感もかなり高くなると予想されます。

パワートレインも、新型シビックをベースとした排気量1.5L 直列4気筒直噴ターボエンジンのガソリンモデルと、排気量2.0L 直列4気筒直噴エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドe:HEVの2種類がラインナップされると考えられ、後者は車両本体価格だけで400万円以上になるのではないかと予想しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

☆★☆ホンダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Honda