【大丈夫か日産?】(米)日産「GT-R/リーフ/エクストレイル/ノート」含む120万台以上の大量リコール。リバースカメラに不具合アリで事故の恐れアリ

2020-05-27

~日産のほぼ全ての新型モデルがリコールの対象に~

北米市場にて販売を手掛ける北米日産・インフィニティモデルの計120万台以上に大量リコール。
NHTSA(National Highway Traffic Safety Administration)に提出された内容によると、ギアセレクターをリバース(R)に切り替えた際、本来であればリバースカメラにて映し出されるはずの映像がナビにもしくはルームミラーに映されず、これにより事故が発生する恐れがあるとして、リコールを発令しています。


~その台数は120万台以上…今後更に強化されるインフィニティも~

今回のリコールは、2018年~2019年に販売された北米日産・インフィニティのほぼ全てのモデル「アルティマ/フロンティア/GT-R/キックス/リーフ/マキシマ/ムラーノ/NV/NV200/NV200タクシー/パスファインダー/ローグ(日本名:エクストレイル)/ローグスポーツ/セントラ/タイタン/ヴァーサ/ノート」と「Q50/Q60/Q70/Q70L/QX30/QX50/QX60/QX80」の120万台以上が対象になるとのこと。

なお、今回の対策措置として、日産ディーラが無償にてリバースカメラのソフトウェアを更新するとのことですが、「アルティマ/ローグ(エクストレイル)」はあまりにも台数が多いので、10月21日から受付けスタートし、インフィニティモデルは11月末から対応するとのことです。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう