マジこれ変態!エンジンが焼け焦げて廃車となったランボルギーニ「ウラカン」を復活→V8エンジン&MT搭載で1,500馬力を発揮するクレイジーモンスターに【動画有】

2020-05-27

~今年のSEMAショー2019はとんでもないモデルばかりが登場しそうだ~

いよいよ11月より開催される世界最大規模のカスタムカーイベント・SEMAショー2019にて、とんでもないスペックを持つランボルギーニ「ウラカン」が登場することが判明。

今回登場するモデルは、過去にエンジン発火が原因で炎上し、廃車扱いとなってしまった「ウラカンLP610-4」を引き取ったオーナーが、V型10気筒自然吸気エンジンからシボレー「コルベット」等にも搭載されるLS型シングルカムのV型8気筒エンジンをツインターボ化したものをぶち込み、更にはフロントエンドも従来の「ウラカン」ではなく、レーシングモデルの「ウラカン・スーパートロフェオ」風へと移植された究極の変態モデルとなります。


~最高出力は1,500馬力、それでいてMT仕様はクレイジーな領域に~

またこのモデルを出展するオーナーの情報によると、駆動方式は四輪駆動(AWD)ではなく後輪駆動(RWD)となり、トランスミッションはまさかの6速MTを搭載するとのことで、これまでになくクレイジーな走りを提供することは間違いなさそう。

なおエンジンスペックについては、大幅に改良された排気量7.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力610ps→1,500psへと大幅に強化されるとのことで、もはや中身はイタ車ではなくアメ車仕様といってもおかしくないレベルで、後輪にかかる負荷は相当なものだと思いますが、真っ直ぐ走れるのかどうかも非常に気になるところです。

【I Bought Half of a Burnt Supercar for my Next SEMA Build】

☆★☆SEMAショー2019関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう