Powered By 画RSS

スーパーカーメーカ 欧州メーカ 米国メーカ >アストンマーティン >ケーニグセグ >フェラーリ >フォード >ブガッティ >ポルシェ >マクラーレン >ランボルギーニ

スーパーカー/ハイパーカーに鉄チンホイールを履かせてみた。意外にマッチする車両も

以前、ケーニグセグ初のPHVモデルとなる「レゲーラ」のチープ版レンダリングが公開。
「レゲーラ」のパワートレインとしては、排気量5.0L V型8気筒ツインターボを搭載し、最高出力1,100psを発揮。更に約700ps分のモータ(3つ)が使用されることで、システム総出力が1,500ps、最大トルク2,000Nmというとんでもないパワーを発揮する個体であるにも関わらず、何故か足回りにはスチールホイール(通称:鉄チンホイール)が装着されるという変態っぷり。
意外とこのレンダリングが大きな反響を呼んでおり、これを担当したデジタルアーティストのAksyonov Nikita氏が、その他のスーパーカー/ハイパーカーに鉄チンホイールを装着したレンダリングを公開しています。
多数のメーカのレンダリング画像が公開されているため、それらをじっくりと確認していきましょう。

スポンサーリンク

まずは、フェラーリ「812スーパーファスト」。
「F12ベルリネッタ/F12tdf(ツール・ド・フランス)」のフロントマウントエンジンモデルの後継として登場したハイパフォーマンスモンスター。
パワートレインは、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力800ps、最大トルク718Nmを発揮。
「812スーパーファスト」にて、最後のV12NAを搭載する車両と言われており、今現在でも多くの注文を受ける人気モデルとなります。
そんな、車両にシルバーのボディカラーと男前すぎる鉄チンホイールとの組み合わせは何とも異様な光景ですね。
ある意味カスタムカーのようにも見えますが、やはりスポークを備えたデザインに加えて、ブレーキキャリパカバーが見えるホイールの方が、オシャレな印象を受けますね(鉄チンの弱点は、ブレーキキャリパを見ることができない)。

続いては、ランボルギーニ「ウラカン」。
ランボルギーニのエントリーモデルでありながら、「ガヤルド」の後継モデルとして登場し、2014年に販売スタートしてから既に9,000台を生産した超人気モデル。
パワートレインは、排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力610ps、最大トルク560Nmを発揮。
「ウラカン」は、スペイン語で"ハリケーン"を意味しており、その他にも1879年8月にアリカンテにて登場したスペインの闘牛の名前でもありますね(ランボルギーニの車両名称には闘牛の名前を用いることが多い)。
そんな個体に装着している鉄チンホイールがこちら。
ちょっとグロスチックに塗装されたホイールですが、グリーン系(ヴェルデ・マンティス)のボディカラーとの組み合わせは意外にもマッチしているように感じますね。ただ、やはり違和感はあるのは事実。

引き続き同メーカであるランボルギーニ「チェンテナリオ」。
世界限定40台(クーペ20台、ロードスター20台)のみとなる2億円超えの希少スーパーカー。
「アヴェンタドール」をベースとしたモデルで、ランボルギーニの生誕100周年を記念した特別車両となります("チェンテナリオ"はイタリア語で100周年を意味)。
日本にも既にクーペが一台納車(愛称:あずきちゃん)しているこちらの個体のパワートレインは、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力770ps、最大トルク690Nmを発揮。
そんな希少な個体に装着する鉄チンホイールですが、これがまた意外にもオシャレ。
ある意味カスタムホイールにも見える足回りですが、フロントとリヤのインセット幅はおそらくほぼ同じと推測。これはこれで中々にユーモアのある一台ですね。

続いては、ブガッティ「シロン」。
世界限定500台のみ生産される「ヴェイロン」の後継モデル。
パワートレインは、排気量8.0L W16気筒クワッドターボの航空機エンジンを搭載し、最高出力1,500ps、最大トルク1,600Nmを発揮するモンスターモデル。
0-100km/hの加速時間は2.5秒未満で、0-400-0km/hの最速記録樹立した記念すべきモデルでもありますね(後にケーニグセグ「アゲーラRS」に破られる)。
そんな個体に装着している鉄チンホイールがコチラ。
シルバーとブラック?のツートンボディカラーに、シルバーオンリーのホイールとの一体感はありますが、チープ感が凄いのなんの。
このホイールで時速420km/hを耐えるだけの強度があるかどうかは不明ですが、あまりこれでの走行はオススメできないですね。

その他には、パガーニ「ウアイラ・ロードスター」

アストンマーティン「DB11」

ポルシェ「918スパイダー」

マクラーレン「P1」(キッズカーまでも鉄チンホイール!?)

フェラーリ「ラ・フェラーリ・アペルタ」
こちらはかなり拘りの強いシルバー調(錆び風?)の鉄チンホイールとなっていますね。

【関連記事】
ケーニグセグ「レゲーラ」のチープモデル?ハイブリッドで何故か鉄チンホイールのレンダリングが公開に
何これ変態!ロールスロイス「ファントム」に"鉄チンホイール"を履かせたら?というレンダリング画像
日本でたった一台のランボルギーニ「チェンテナリオ・クーペ」が遂に公道を走る。その姿を動画にて【動画有】

Reference:CARSCOOPS

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, 欧州メーカ, 米国メーカ, >アストンマーティン, >ケーニグセグ, >フェラーリ, >フォード, >ブガッティ, >ポルシェ, >マクラーレン, >ランボルギーニ
-, , , , , , ,