大丈夫なのか…スバル・アメリカが23万台超えの大量リコール。やっぱりタカタ製エアバッグ

自動車ニュース”Response”の記事より、スバル・アメリカが合計23万台を超える大規模リコールを発令。
リコールの内容としては、やはりタカタ製エアバッグのインフレータの追加の不具合によるもので、タカタがアメリカNHTSA(運輸省道路交通安全局)に、同社製エアバッグのインフレータの新たな不具合を届け出たことを受けての対応となっています。

スポンサーリンク

対象となるのは、2009年~2013年に製造された「インプレッサ」「フォレスター」「インプレッサWRX」「レガシィ」といったモデルたちで、合計23万9,538台がリコールの対象となります。

改善措置としては、助手席エアバッグ一式またはインフレータを改良品と交換する、リコール作業を行うとのことですが、不具合及び火災事故についての報告は未だ無しとのことです。
今回のタカタ製エアバッグのリコールについては、タカタ社が破産しているということもあり、エアバッグの費用はタカタ持ちとなるのかスバル・アメリカ持ちとなるのかは不明ですが、いずれにしてもリコール台数が20万台を超えている時点で相当な痛手であることには間違いなさそうですね。

【タカタ製エアバッグリコールの関連記事】
リコールが完了していない車は注意!2018年5月で車検が取れない車が大量続出する?!
日産、ホンダの主力モデル達が16万台を超える大量リコール。タカタ製エアバッグの不具合有り(2018/1/19投稿)
マツダ「RX-8/アテンザ」等が7万台以上の大量リコール。タカタ製エアバッグの不具合有り(2018/1/19投稿)
トヨタ、レクサス、ホンダが100万台を超える大規模の追加リコール。タカタ製エアバッグに不具合有り(2018/1/12投稿)
三菱「デリカ」等が4万台を超える大規模リコール。タカタ製エアバッグに不具合有り(2017/12/2投稿)
BMWが93車種・8万台超えの大規模リコール。エアバッグ不具合でインフレータ破損の恐れ(2017/10/23投稿)
ジープ「ラングラー」が1万台超えの大量リコール。エアバッグが展開しない恐れ有り(2017/10/21投稿)
ジープ「グランドチェロキー」等がリコール。エアバッグが勝手に展開する恐れ有り(2017/9/9投稿)
ジャガー「XF」等がリコール。助手席エアバッグに不具合有り(2017/8/1投稿)
アウディ「Q5」がリコール。サンルーフフレームの不具合により、カーテンエアバッグが開く恐れ有り(2017/8/1投稿)
命の危険性あり。タカタのエアバッグ問題で270万個が追加リコール。(2017/7/21投稿)
マセラティ「ギブリ」等がリコール。助手席エアバッグ、電動シート配線不備等(2017/6/26投稿)
メルセデスベンツ「CLAシリーズ」等がリコール。エアバッグが展開しない?!(2017/6/15投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう