【レンダリング】ブガッティ「ディーヴォ」をワイドボディ化&ローダウンでベッタベタにしてみた

何とも過激すぎる「ディーヴォ」が登場

先日のモントレーにて開催のザ・クエイル:モータースポーツ・ギャザリングより、世界限定40台のみ(その内日本には3台納車予定)、車両本体価格約6.4億円の超高額モデルとなるブガッティ「ディーヴォ」が世界初公開されましたが、この個体を早速レンダリングした職人さんが登場。

スポンサーリンク

今回公開されているのは、「ディーヴォ」をベースにしつつ外付けのワイドボディキット(フロントスプリッターやワイドフェンダー、サイドスカート、リヤディフューザー等)を装着することで、元々車高の低い個体を更にローダウン化し地上高1センチ程に仕上げたクレイジーなレンダリングが公開されています。

また、フロントエンドの馬蹄型グリルや大口化されたエアインテークにより、ブラックの部分が非常に拡大されたところを見ると、不思議と車両が更にワイド&ローのスタイルとなり、これまでにない過激なデザインとなっています。
ボディカラーも、何とも落ち着きのあるヴェルデ・イサカ風のカラーに身を纏い、特徴的であったC形状のデイタイムランニングライトも省略され、ロー・ハイビーム兼用となる四眼LEDヘッドライトが装備されています。

なお、今回レンダリングを担当したのは、デジタルアーティストのKhyzyl Saleem氏で、過去にはパガーニ「ウアイラBC」のリバティーウォーク仕様やランボルギーニ「ミウラ×テレッツオ・ミッレニオ」の合体モデル、スタンス仕様のフェラーリ「330 P4」といった、とにかく車高の低すぎるモデルをシャコタン風にレンダリング作成してきたエキスパートでもあります。

 

View this post on Instagram

 

Bugatti Divo with a..difference.

Khyzyl Saleemさん(@the_kyza)がシェアした投稿 –

☆★☆Khyzyl Saleemレンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

現車で見れたらヤバイ。パガーニ「ウアイラBC」をリバティーウォーク(LB)仕様にしたレンダリングが公開(2018/3/1投稿)
【レンダリング】ランボルギーニのEVモデル「テルッツオ・ミッレニオ」を「ミウラ」風にしたら?→まるでリバティーウォーク仕様に(2018/2/17投稿)
これはちょっと…スタンス仕様・フェラーリ「330 P4」のレンダリング画像が公開に(2017/12/14投稿)
意外と普通。ポルシェ「911RSR」の大型リヤウィングを取っ払ったレンダリングが公開に(2017/6/24投稿)
世界一美しいとされるランボルギーニ「ミウラ」を、車高短&オーバーフェンダーにしたら?というレンダリングが公開(2017/6/15投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう