新年早々どうなってるんだ…今度は1月3日に首都高にてトヨタ「クレスタ」が大クラッシュ、ドライバの安否が本気で心配だ【動画有】

2019-01-05

止まらぬ新年早々の凄惨事故…

先日、首都高にて日産「ケンメリGT-R」が大炎上したり、東北道蓮田市の東北道にてフェラーリ「360モデナ」が大クラッシュするなど、新年早々に希少車やスーパーカーの事故が後を絶ちませんが、今度は1月3日の早朝4時過ぎに東京都・首都高9号線深川線の枝川出口過ぎたすぐのところにて、トヨタ「クレスタ(100系)」と思わしき個体が単独?の大破事故を起こしています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

本当に単独による事故なのか?

事故の詳細は不明ですが、フロントやサイドが完全に大破し、おまけにタイヤも外れていることから相当なスピードにて走行していたと考えられます。
とりあえず一番心配すべきなのは、こうした大小関係ない事故であってもドライバが無事であるかどうかというところですが、これだけの大破ともなると本当に安否が心配になるレベル。
事故した車両のすぐ後ろには一人男性がポツンと立っていますが、彼が「クレスタ」のドライバなのかどうかが非常に気になるところです。

なお、別の角度から見てみるとこんな感じ。
ますますドライバの安否が心配になるところですが、大丈夫だったのでしょうか…
運転席側が完全にえぐれてしまっていますが、ガードレールなどを接触するにはあまりにも不自然過ぎる事故ですし、もしかすると他の車両と接触した可能性もあるかもしれません。

ルーレット族による事故の可能性も

ちなみにこの「クレスタ」ですが、首都高にてよく聞く「ルーレット族」(関西では「環状族」)の一人ではないか?とも言われています。
ルーレット族とは、首都高速都心環状線のような環状道路を一周するタイムを競う集団を意味しており、こうしたルーレット族の速度を完全無視した危険走行が原因で死亡事故にまで発展することもあるそう。
今回の不自然ともいえる「クレスタ」の大破事故が、ルーレット族による複数の事故であり、更には死亡事故にまで発展しているともなれば、事故誘発と殺人のダブルパンチ可能性も十分に考えられると思います。

☆★☆首都高・関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう