ランボルギーニ「ウルス(Urus)」のアートカーが登場。ホワイトラッピングの上から描かれるユーモア溢れるデザインを見てみよう【動画有】

何とも贅沢過ぎるアートカーが登場

先日より開催のスイス・ジュネーブモーターショー2019に合わせて、ランボルギーニのSSUVモデル「ウルス(Urus)」をキャンバスベースにした特別なアートカーが世界初公開されました。

今回公開されたアートカーの「ウルス」は、アートバーゼルのイベントにて行われたもので、芸術家やデザイナーの協力のもと、空白のキャンバスとするためにマットホワイトのカラーラッピングにて仕上げられた個体の上から、アクリル絵の具ペンを使って複雑なデザインを描いていきました。

スポンサーリンク

観衆の前でスペシャルアート。失敗は許されない

実際にイベントにて描かれているシーンはこんな感じ。
まさに失敗することが許されないぶっつけ本番の一発勝負です。
実際に描かれたデザインを見ていくと、いかにもアメコミにて登場しそうなユニークで可愛らしい動物(キャラクター?)が描かれていますね。

アートデザイン以外にも、社外ホイールメーカであるVossenの23インチ大口径S17-01ホイールを装着。
マットブラック処理された引き締まった足元と、ランボルギーニの象徴的なデザインともいえるY字スポークが何ともインパクトがありますね。
再度お伝えしますが、これは純正ではなく社外製Vossenのオリジナルホイールとなります。

なお、この個体を所有するオーナーは、「ウルス」の過激なカスタムは望んでいなかったものの、”ラッピングすることを前提”でアートカーのサンプルとして使用されることは快諾していて、実際にその作品を見たときの興奮度は相当に高く、かなり気に入った様子で、しばらくはこのデザインで所有を続けていくそうです。

【Vossen Art Basel 2018 | @ILLSURGE | Wynwood Miami, Florida】

☆★☆アートカー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう