日産「エルグランド/ムラーノ」に9万超えの大量リコール。液圧低下で制動距離が長くなる恐れアリ

~ブレーキの液圧低下により制動力が長くなる?!

日産「エルグランド/ムラーノ」の計2車種・全90,222台に大量リコール。
リコールの内容としては、ABSアクチュエータの不具合によるもので、指定されている種類以外など性質が不安定なブレーキ液への耐性が不足しているために、バルブ表面の亜鉛メッキにゲル状物質が生成されてしまい、バルブの摺動性が悪化する場合があるとのこと。
そのため、バルブが正常に閉じない場合、液圧が低下しブレーキペダル操作時にペダルストロークが深くなり、制動距離が長くなるおそれがあるとしてリコールを発令しています。

スポンサーリンク

~対象モデルをしっかりとチェックしていこう!~

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故は発生していないものの、不具合は既に131件も発生しているとのことで、これらは市場からの情報により発見されたとのこと。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[ムラーノ]
・CBA-TZ51/TZ51-000008~TZ51-023057/平成21年12月22日~平成26年10月24日/6,408台
・CBA-TNZ51/TNZ51-000001~TNZ51-032107/平成20年9月1日~平成26年10月24日/8,869台
・CBA-PNZ51/PNZ51-000001~PNZ51-040729/平成20年9月1日~平成26年10月20日/3,077台

[エルグランド]
・DBA-TE52/TE52-000022~TE52-077735/平成22年6月29日~平成27年2月25日/43,439台
・DBA-TNE52/TNE52-000009~TNE52-041756/平成22年7月23日~平成27年2月25日/9,649台
・DBA-PE52/PE52-000010~PE52-052618/平成22年6月28日~平成27年7月23日/12,083台
・DBA-PNE52/PNE52-000016~PNE52-041027/平成22年6月29日~平成27年2月25日/6,697台

改善措置としては、ABSアクチュエータを内部洗浄後、作動確認を実施し引掛りがある場合は対策品に交換。
また、亜鉛メッキの腐食を抑制する効果のあるブレーキ液に交換するとともに、ブレーキ液の種類を刻印したリザーバーキャップを交換し、またブレーキ液の種類を記載した取扱説明書を変更するリコール作業を行います。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

ボルボ「V40/S60/V60/XC60/V90」に計2万台超えの大量リコール。排ガス基準を満たさない恐れアリ(2019/5/22投稿)
マツダ「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」に約20万台の大量リコール。ワイパーが動作しなくなり、運転中の視界が悪くなる恐れアリ(2019/5/11投稿)
今度はメルセデスベンツにリコール4連発。「Cクラス/Eクラス/Sクラス」にECUや前照灯に不具合アリ(2019/4/25投稿)
メルセデスベンツ「Aクラス/Bクラス/Cクラス/Eクラス/Sクラス」等の61車種・計約24,000台に大量リコール。ECU不具合で排ガス基準を満たさない恐れアリ(2019/4/24投稿)
内容はもちろん不正検査。スズキ「ワゴンR/ハスラー/アルト/スペーシア/ジムニー/イグニス/スイフト」等の全17車種・計約177万台に大規模リコール(2019/4/18投稿)
アウディがリコール2連発。「A3/A6/A7/A8/S3/S4/S5/Q7」にヘッドレストや燃料パイプに不具合アリ(2019/4/17投稿)
スバル「レガシィ」に3万台超えの大量リコール。コンビメータの回路が不適切で火災発生の恐れ→既に14件の火災発生済み(2019/4/12投稿)
ダイハツ「ムーヴ/タント/ウェイク/ハイゼット・キャディー」に145万台超えの大量リコール。ブレーキブースタに錆びが発生し、ブレーキの効きが悪くなる恐れアリ(2019/4/12投稿)
なぜ今さら?日産「ノート」に75万台超えの大量リコール。コイルスプリングの形状不具合で折れる恐れアリ(2019/4/11投稿)
BMW「320d」に1.5万台超えの大量リコール。燃料ホースが錆びて燃料漏れの恐れアリ(2019/4/9投稿)

Reference:Nissan

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう