スズキ・新型「ジムニー」に2万台超えの大量リコール。なお「ジムニー」のリコールはこれで3度目に

~新型「ジムニー」のリコールはこれで3度目になる~

スズキの大人気オフロード四輪駆動モデル・新型「ジムニー」1車種に、計21,248台の大量リコール。
リコールの内容としては、燃料ホースの成形管理が不適切なために弾性が不足しているものがあるとのこと。

そのため、当該ホースがエンジンの熱や振動により変形してステアリングシャフトに接触し、最悪の場合、当該ホースが損傷して燃料が漏れるおそれがあるとしてリコールを発令しています。

なお、今回の燃料漏れの恐れがあるリコールで3度目となる新型「ジムニー」ですが、1つ目のフロントディファレンシャルの組み付け具合や、2つ目のスズキ全体の不正検査によるものも含めるとかなり多い方に。
長納期が重なる中でこうしたリコールが届け出られると、製造中の個体も今後不具合が発生しないかどうかが非常に気になるところではありますね。

スポンサーリンク

~対象モデルをしっかりとチェックしていこう!~

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故及び不具合は現在調査中で、市場からの情報なのか、メーカ自身が気づいてリコールを発令したのかは今のところ不明なままとなっています。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[ジムニー]
・3BA-JB64W/JB64W-100092~JB64W-121516/平成30年5月11日~平成31年3月12日/21,248台

なお、改善措置としては全車両、燃料ホースを良品と交換するリコールを作業を行うとのことです。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

マツダ・新型「マツダ3(Mazda3)」オーナーは要注意!北米にて発令したタイヤの脱落リコール、実は日本も対象だった!【動画有】(2019/7/9投稿)
マツダ「CX-5/アテンザ/ロードスター」にリコール。気筒休止システムの影響でエンジン停止、ブラケットが走行中に脱落する?!(2019/6/27投稿)
日産「セレナ/キューブ/NV200」に計48万台超えの大量リコール。電源分配器の基板における半田不具合で車両が炎上する恐れアリ(2019/6/27投稿)
ゲリラ豪雨や洗車の影響でエンジンが損傷?!トヨタ「シエンタ/アクア/ヴィッツ」等の計6車種・約15万台に大規模リコール(2019/6/26投稿)
【緊急事態!】トヨタ・新型「RAV4/カローラ/カムリ/プリウス」とレクサス「ES/UX」の回生ブレーキシステムに異常があるとして販売停止へ。日本市場でも販売停止の恐れも?(2019/6/22投稿)
ホンダ「N-BOX SLASH(Nボックス・スラッシュ)」に4万台超えの大量リコール。パーキングブレーキが解除されない恐れアリ(2019/6/20投稿)
新型のジープ「レネゲード」とフィアット「500X」に早くもリコール。エアバッグが作動せずに事故の場合に死の恐れも(2019/6/16投稿)
BMW「1シリーズ」に2万台超えの大規模リコール。溶接不具合により燃料が漏れ、火災発生の恐れアリ(2019/6/14投稿)
スズキ「スイフト」に5万台超えの大量リコール。エアバッグが誤作動し乗員が負傷する恐れアリ(2019/06/13投稿)
アウディのEVモデルに早くも暗雲?!「e-Tron」全てに潜在的な火災リスクがあるとリコールを発令(2019/6/11投稿)

Reference:SUZUKI

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう