(印)スズキ「アルト」の後継モデル・新型「エスプレッソ(S-Presso)」の情報がまたリーク。今度は遂にリヤデザインが丸わかりに

~完全に新鮮味が無くなってしまった新型「エスプレッソ」~

インド市場を拠点とするマルチ・スズキより、9月30日に発表・発売される「アルト」の後継モデル・新型「エスプレッソ(S-Presso)」ですが、今度は遂にリヤデザインが完全リークしています。

フロントデザインは既にリーク画像からも明らかとなりましたが、よくよく考えてみたらリヤデザインは分厚いカモフラージュを施した開発車両でしか確認したことがなく、プロダクションモデルでのリヤデザインは全くの初めてとなります。

早速新型「エスプレッソ」のリヤデザインをチェックしていくと、「アルト」の後継モデルというよりは、全く別のカテゴリに分類されたボックスタイプに近い感じで、「イグニス」風のスタイリングにも見えたり。

リヤテールランプのデザインは、スバル風のC字型を採用しており、ハウジング自体はワイド感はないものの、C字の中にウィンカーが設けられているので、かなりコンパクトにまとめられたデザインではないかと思いますね。

あとはLEDフォグランプストリップやハロゲン式のリヤコンビネーションランプも確認できる等、必要最小限の装備は十分に備わっている印象ですし、ボディスタイルもかなり筋肉質なホイールアーチモールが設定され、ちょっとしたオフロードも加味された魅力的な一台ではないかと思いますね。

スポンサーリンク

~ボディカラーによってアクセントカラーも異なる?~

こちらはホワイトのボディカラーに身を纏った新型「エスプレッソ」。
やはり膨張色ということもあってか、ボディも大きく見えますし、リヤバンパーのブラックのプラスチックと見事にメリハリが付いているのも確認できますね。

あとは、ドアハンドルにブラックのアクセントを加味していますが、これはボディカラーによって異なる部分なのか、先ほどのブルーではホワイト(もしくはシルバー?)のよなアクセントが入っているので、ちょっとしたオシャレポイントにもなっていますね。

~新型「エスプレッソ」のサイズ感やエンジン、価格をおさらい~

ちなみに新型「エスプレッソ」のボディサイズは、全長3,565mm×全幅1,520mm×全高1,564mm、ホイールベース2,380mmというサイズ感となり、競合モデルとなるルノー「クウィッド(Renault Kwid)」に比べると全長-114mm短く、全幅-59mm狭く、全高は+86mm高く、そしてホイールベースは-42mm短い、ちょっと昔ながらのクロスオーバースタイルとなっていますね。

最低地上高については180mmと同じ高さとなり、燃料タンクは27リットル、タイヤサイズは165/70 R14と14インチの非常にコンパクトなホイールを装着することが分かっています。

パワートレインについてですが、大きくは4種類のガソリンエンジンがラインナップされるそうで、ディーゼルエンジンはラインナップされないとのこと。
その中で一番最初にラインナップされるエンジンは、排気量1.0L K10B型直列3気筒ガソリンエンジンを搭載し、最高出力68ps/5,500rpm、最大トルク90Nm/3,500rpmを発揮。

価格帯としては、約55万円~約67万円にて販売されるとのことで、競合モデルとなるルノー「クウィッド」の約40万円~よりも若干高額ではありますが、その分デザイン性や品質面にてカバーしてくるものと思われます。

☆★☆マルチ・スズキ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう