日本仕様のトヨタ新型カローラクロスの購入を考える。何とユーザー車両のオーダーキャンセルが入った模様…気になるグレードやボディカラーは?

ユーザー車両で発注済みとなる新型カローラクロスの見積もり内容をチェックしていこう

それでは早速、ユーザー車両でキャンセルが入っているトヨタ新型カローラクロス・ガソリンZ(2WD)の見積もり内容をチェックしていきましょう。

【新型カローラクロス ガソリンZ(2WD)見積もり内容】

①・・・車両本体価格:2,640,000円

グレード:ガソリンZ(2WD)
ボディカラー:プラチナホワイトパール

インテリア:本革&ファブリックのコンビタイプ(ブラック)

②・・・メーカープション:144,100円
[メーカオプション内訳]
プラチナホワイトパール:33,000円
・フロントコンソールトレイ(CD・DVDデッキ専用):0円
・イルミネーテッドエントリーシステム(フロントカップホルダー/フロントドアトリムショルダーランプ/フロントコンソールトレイ):11,000円
・ディスプレイオーディオ(9インチ):28,600円
・パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)+ブラインドスポットモニター(BSM)+パノラミックビューモニター(PVM):71,500円

③・・・ディーラーオプション:225,005円
[ディーラオプション内訳]
・フロアマット(ラグジュアリー):28,600円
・サイドバイザー:36,300円
・ナンバーフレーム(フロント・リヤ):4,400円
・T-CONNECTナビキット:114,840円
・ETC2.0ビルトイン:40,865円

④・・・諸費用(3年メンテパッケージ込み):201,220円

総支払額(①+②+③+④)・・・3,210,325円

総支払額としては約321万円となりました。

グレードやボディカラー、メーカーオプションについては既にキャンセルしたユーザーさんが決めたものなので変更することはできませんが、ディーラーオプションは変更可能。

っということで必要最低限のオプションにまとめていますが、CセグメントSUV&ガソリンタイプで約321万円は、最近の自動車の価格帯で考えると割かしリーズナブルなほう。


グレードは違えど競合と言われる新型ヴェゼルよりも安価

最近では、軽自動車でも300万円に突入する時代になりましたから、そう考えると割かし良い価格帯だと思いますし、(グレードは違えど)私が購入したホンダ新型ヴェゼルe:HEV Z(4WD)よりも約60万円安いため、中々にお買い得かもしれません。

▽▼▽関連記事▽▼▽

まだトヨタディーラーには正式に購入する旨は伝えていませんが、他の候補ユーザーさんにも声掛け中とのことで、特にこれといった動きが無ければ、前向きに購入を検討できればと思います(もうすぐ発売なので近日中に回答したいところ)。

☆★☆カローラクロス関連記事5選はコチラ!☆★☆