えっ、これがBMW新型i3?!何とハッチバックではなくセダンとして中国で世界初公開!更にインフィニティ(日産)の一部改良版・新型QX50が発売スタート

レクサスRXの競合でもあるインフィニティQX50が、2022年モデルとして一部改良へ

続いては、日産の北米版高級ブランドでお馴染みインフィニティが販売するミドルサイズSUV・QX50が、2022年モデルとして一部改良されました。

今回発表された一部改良版・新型QX50ですが、内外装デザインは特に大きな変化はないものの、ワイヤレスApple CarPlayを標準装備し、法規対応による安全装備の充実化などが施されています。

早速新型QX50の装備内容やグレード別価格帯をチェックしていきましょう。


新型QX50のグレード構成と主要装備をチェックしていこう

まずは、2022年モデルの新型QX50のグレード構成からチェックしていきましょう。

基本的には2021年モデルから変更はなく、大きくは5種類がラインナップされます。

【(2022年)新型QX50のグレード構成一覧】

◇PURE:[2WD/4WD]

◇LUXE:[2WD/4WD]

◇ESSENTIAL:[2WD/4WD]

◇SENSORY:[2WD/4WD]

◇AUTOGRAPH:[4WD]

以上の構成を参考にしつつ、グレード別主要装備をチェックしていきましょう。

【(2022年)新型QX50のグレード別主要装備一覧】

[エントリーグレードPURE]
◇アダプティブクルーズコントロール&レーンセンタリングテクノロジーを含めたProPILOT Assist(プロパイロットアシスト)

◇自動防眩バックミラー

◇後部座席用USB TypeC充電ポート

◇インテリジェントキー(リアドアにも機能)

◇LEDウェルカムライト(リヤドアハンドルに追加)


[LUXE]
◇エントリーグレードPUREの装備内容を追加

◇ブラックサイドミラーキャップ

◇リアディフューザー(カラードタイプ)

◇20インチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)

◇ブラックメッシュグリル

◇ブラックフェンダーアクセント

◇ブラックリフトゲートフィニッシャー

◇グラファイトヘッドライナー


[ESSENTIAL]
◇LUXEグレードの装備内容を追加

◇フロントシートヒーター/ベンチレーション

◇ステアリングヒーター

◇16スピーカーBOSEプレミアムオーディオシステム


[SENSORY/AUTOGRAPH]
◇ESSENTIALグレードの装備内容を追加

◇セミアニリンレザートリム(パンチングスポット付)

◇2列目シートヒーター

◇モーション作動式パワーリフトゲート

◇ウルトラスエードアクセント

◇4way式パワーランバーサポート(助手席)

新型QX50のグレード別価格帯をチェックしていこう

続いてパワートレインですが、これまでと変わりない排気量2.0L 直列4気筒VCターボエンジンを搭載し、最高出力272ps/最大トルク379Nmを発揮、トランスミッションはCVTのみをラインナップします。

最後に新型QX50のグレード別現地価格帯をチェックしていきましょう。

【(2022年)新型QX50のグレード価格帯一覧】

◇PURE:[2WD]39,000ドル(日本円換算で約444万円)/[4WD]41,000ドル(日本円換算で約466万円)

◇LUXE:[2WD]42,350ドル(日本円換算で約482万円)/[4WD]44,350ドル(日本円換算で約505万円)

◇ESSENTIAL:[2WD]46,800ドル(日本円換算で約532万円)/[4WD]48,800ドル(日本円換算で約555万円)

◇SENSORY:[2WD]51,500ドル(日本円換算で約586万円)/[4WD]53,500ドル(日本円換算で約609万円)

◇AUTOGRAPH:[4WD]56,950ドル(日本円換算で約648万円)

☆★☆インフィニティ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS①