これはカッコいい!(2023年)プジョー新型408が世界初公開!何かと話題のフルモデルチェンジ版・トヨタ新型クラウンと同じファストバックスタイルを採用

引き続き、プジョー新型408の内外装デザインをチェックしていこう

続いて、プジョー新型408のリヤビューを見ていきましょう。

テールランプも新型308などと共通のデザイン言語を持つ3灯式で、センターに向かっていく一文字風のリヤガーニッシュもグッド。

ただ、リヤロアバンパーのブラック樹脂の面積がかなり大きく、どことなくチープ感やオフロード感が強く演出されていますが、仮に新型408のコンセプトがシティ派スタイルということであれば、グロスブラックもしくはボディカラーと同色に仕上げるのも有りかもしれません。

あとは後々のピュアEVモデルをイメージしてなのか、リヤエキゾーストパイプは隠れるようなレイアウトを採用していますね。


新型408のインテリアもチェックしていこう

内装もチェックしていきましょう。

プジョーお得意の前衛的なデザインは、新型308から引き継がれていて「プジョーも高級車になったんだな」と思わせるほどの質感の高さ。

ドライバーにフォーカスをあてた10インチタッチスクリーンやフル液晶メーター、フラットボトムタイプのスポーティなステアリングホイールも搭載。

更に10個のスピーカー(サブウーファー含む)を備えるフォーカルサウンドシステムは、新型408のために3年間に渡って開発が進められた特別仕様とのことで、この点も今後のインプレッションの対象になるかもしれないですね。

パワートレインはプラグインハイブリッドとガソリンの2種類

最後に新型408のパワートレインをチェックしていきましょう。

本モデルでは、2種類のプラグインハイブリッド(PHEV)とエントリーグレードのガソリンモデルが準備されるとのことで、具体的には以下の通り。

◇排気量1.6L 直列4気筒ターボエンジン+電気モーター①
・エンジン出力150hp
・システム総出力180hp/システムトルク360Nm
・駆動方式:前輪駆動(2WD)
・トランスミッション:8速EAT


◇排気量1.6L 直列4気筒ターボエンジン+電気モーター②
・エンジン出力180hp
・システム総出力225hp
・駆動方式:前輪駆動(2WD)
・トランスミッション:8速EAT


◇排気量1.2L 直列3気筒ターボエンジン
・エンジン出力130hp
・駆動方式:前輪駆動(2WD)
・トランスミッション:8速AT

ちなみに四輪駆動(AWD)モデルもラインナップ予定ですが、少し時期を遅らせて発表・発売するようです。

☆★☆プジョー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Peugeot