トヨタが2022年7月「2回目」の国内工場生産・稼働停止計画を発表!新型ノア/ヴォクシー/クラウン/ハリアー/RAV4と主要モデルが更に10日間もストップに…

昨今の世界情勢によるものとはいえ、主要モデルを中心にここまで工場がストップしてしまうとは…

トヨタが定期的に情報更新している国内工場生産・稼働停止計画ですが、2022年6月22日のトヨタ公式プレスリリースより、同年7月「2回目」となる工場生産・稼働停止計画が公開されました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

昨今の諸事情による部品供給不足や半導体の供給不足により、2022年7月のグローバル生産台数は80万台程度を見込んでいて(国内約25万台、海外約55万台)、年初に仕入先にお伝えした台数から、グローバルで5万台程度の見直しを行っているとのこと。

更に2022年7月~9月のグローバル生産台数は、平均で月85万台程度としているそうで、通期生産見込み(約970万台)についての変更はないとのことですが、2022年後半の挽回生産に期待したいところです。


2022年7月の工場稼働・生産停止スケジュールをチェックしていこう

早速、2022年6月22日のトヨタ公式プレスリリースにて公開された2022年7月の工場生産・稼働停止スケジュールをチェックしていきましょう。

新たに追記されているところは[NEW]もしくは太字で記載しています。

【2022年7月の工場生産・稼働停止スケジュール一覧[修正版](全14工場28ライン中 → 2工場4ライン)】

[トヨタ自動車・元町工場・第1ライン]
◇クラウン/ノア/ヴォクシー/ミライ/bZ4X・・・2022年7月1日(金)、4日(月)~8日(金)、11日(月)~15日(金)の計11日間

[トヨタ自動車・元町工場・GRライン]
◇GRヤリス・・・2022年・・・2022年7月1日(金)、4日(月)~8日(金)、11日(月)~15日(金)の計11日間

[トヨタ自動車・元町工場・少量ライン]
◇レクサスLC・・・・・・2022年7月1日(金)、4日(月)~8日(金)、11日(月)~15日(金)の計11日間

[トヨタ自動車・高岡工場・第2ライン]
◇ハリアー/RAV4・・・2022年7月1日(金)、4日(月)~8日(金)、11日(月)~15日(金)の計11日間

[トヨタ自動車・田原工場・第3ライン]
◇レクサスLS/IS/RC/RC F/NX・・・2022年7月1日(金)の1日

[トヨタ自動車東日本・岩手工場・第1ライン]
◇C-HR/アクア・・・2022年7月1日(金)の1日

[トヨタ自動車東日本・岩手工場・第2ライン]
◇アクア/ヤリス/ヤリスクロス・・・2022年7月1日(金)の1日間

[トヨタ自動車東日本・ 宮城大衡工場]
◇ヤリスクロス/シエンタ/カローラアクシオ/カローラフィールダー/JPN TAXI・・・2022年7月1日(金)の1日間

[トヨタ車体・富士松工場・第2ライン]
◇ノア/ヴォクシー・・・2022年7月1日(金)の1日間

[トヨタ自動車・吉原工場・第1ライン]
◇ランドクルーザー300/レクサスLX・・・2022年7月1日(金)の1日間

[トヨタ自動車・吉原工場・第2ライン]
◇ランドクルーザー70・・・2022年7月1日(金)の1日間

via:Toyota

以上が2022年7月の国内工場生産・稼働停止計画となりますが、今回も主要モデルとなる新型ノア/ヴォクシー/RAV4/ハリアー/クラウンなどが対象となっています。

2022年9月末には新型ハリアーPHVも発表される予定だが…

ちなみに2022年9月末には、(後日ブログでも詳細をご紹介しますが)一部改良に合わせて新型ハリアーPHVが追加される予定です。

おそらくPHVを検討されている方も非常に多いと思いますが、これだけ稼働停止が続くと、発売前から1年以上の長納期となる恐れも考えられそう。

しかも新型ハリアーPHVは、Zグレードをベースとした上級モデルになるため、JBLプレミアムサウンドシステム付ディスプレイオーディオが搭載されますし、発売前からの即受注停止も避けられないのではないかと予想されます。

RAV4PHVと新型ミライ(MIRAI)のレンタカーにサービスキャンペーン(リコールや改善対策とは異なる)?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!