【これ売れるの?】世界限定500台のみ販売されたレクサス「LFA」が約1億円にて販売中。走行距離僅か870km、しかもクロームシルバーのビカビカ仕様だ

2020-05-27

~海外ではクロームラッピングの需要はかなり高いようだが~

レクサスとヤマハの共同開発によって誕生し、世界限定500台のみ販売されたレクサス「LFA」。
「天使の咆哮」と呼ばれるその甲高いエキゾーストサウンドは、フェラーリやランボルギーニでは再現できないほどの官能的なサウンドで、今もなお世界から愛される一台と言われれています。

そんなレクサスが生み出した世界トップクラスのスーパーカー「LFA」が、インターネット中古車サイトmobile.deにて販売されています。
今回販売されている個体を見ていくと、走行距離は僅か870kmと全く走られていない極上の個体なのですが、何とボディにはド派手なクロームシルバーがラッピングされています(ベースとなるブラックのボディには飛び石キズなどは一切ついていないとのこと)。


~見れば見る程にド派手だが、実はラッピング以外はドノーマル~

それにしても…「LFA」のクロームシルバーは初めて拝見しましたが、かなりど派手でちょっと異質な感じがしますね。
ラッピング以外のカスタムは施されていないノーマル仕様とのことで、車高を落としたり、エンジンチューニングを施すといったことは一切行っていないそうです。

足元のデュアル5スポークアルミホイールにレッドのブレーキキャリパーとの相性は抜群。
このシンプルさが非常にカッコいいです。

リヤデザインはこんな感じ。
ブラックのボディパネル全体にクロームシルバーをラッピングしていますが、さすがに格納式リヤウィングの内側はブラックのままですね。

~インテリアは刺激的なレッドとブラックの2トーンカラー~

インテリアはこんな感じ。
ブラックとレッドのツートンレザーを採用し、ステアリングやダッシュボード周りにはカーボンファイバーのオーナメントパネルを採用しています。

レザーシートはブラックがメインで、シートバックがレッドという組み合わせなんですね。これもかなりカッコいい。

~何と中古車価格は驚異の1億円。果たして本当に売れるの?~

パワートレインは変更なく、排気量4.8L V型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力560ps/最大トルク479Nmを発揮。
アルミニウムとカーボンのハイブリッドシャシーを採用することで剛性向上と軽量化に貢献し、車体重量は1,587kgを実現しています。

直線性のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.6秒、最高時速は325km/hにまで到達します。
なお、このモデルの気になる価格帯は、約1億円ととにかく高額。

限定50台のみとなる「LFA”ニュルブルクリンク・パッケージ”」でも1億円を切るようになってきましたが、ましてや例の社会問題で経済が不安定な中で売れるかどうかはちょっと微妙ではありますね。

☆★☆「LFA」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Rerference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう