フルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグの開発車両がまたまた目撃に。遂にSTiのテストカーも?!更に間近で撮影されたブレーキランプやウィンカーも見ていこう

2020-05-27

スポンサーリンク

何と…これはSTiグレードの新型レヴォーグか?!

続いても群馬県内にて目撃された新型レヴォーグの後ろ姿。

少し分かりにくいですが、右側のリヤテールランプの直下にブラックのカモフラージュテープが貼付されていることから、もしかするとSTiグレードの可能性も高そう。

珍しくもブレーキランプが点灯していますが、かなりワイドなC字形状のリヤテールランプ全体が点灯するのではなく、テールゲートよりも外側のC字部分が点灯するようになっていますね(このあたりの使い分けは上手いと思う)。

あとはセンター上部にハイマウントストップランプが点灯していますが、この辺りは特に大きな変化は無いものの、少しルーフスポイラーよりも内側に入り込んでいるようにも見えますね。

後はマフラーも大口径タイプでとてもスポーティですし、スタンダードグレードとSTiグレードとの差別化もされているのか注目したい部分でもあります。

最も近い距離で撮影された新型レヴォーグのフロントウィンカー

そしてこちらは最も間近にて撮影された新型レヴォーグのフロントLEDウィンカー(さりげなく格納式のヘッドライトウォッシャーも確認できる)。

C字形状のLEDデイタイムランニングライトがターンシグナルする形で点滅しますが、かなりスタイリッシュでクールな点滅パターンではないかと思います。

こういったLED DRLのターンシグナル系は欧州車でも多く見られ、更に6月17日に発売されるフルモデルチェンジ版・新型ハリアー(Toyota New Harrier)も同様の点滅パターンとなるため、今後国産モデルでも積極的に取り入れられるかもしれませんね。

☆★☆新型レヴォーグ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう