【レンダリング】マクラーレン「720S」をハイパーカー風にしてみた。フロントはなぜかランボルギーニ風、ナンバープレートはなぜか”なにわ”の仮ナンバー?!

無敗の帝王「720S」を更に過激にしてみた

マクラーレンのスーパーシリーズ「650S」の後継モデルとして登場し、最近ではドラッグレースにて一切負け知らずの帝王として君臨する「720S」を、ハイパーカー風にしてみたら?というレンダリングが公開されています。

正直、ブガッティ「シロン」やポルシェ「918スパイダー」といったハイパーカーモデルを圧倒するスペックを持っているため、これだけでも十分ハイパーカーとして謳ってもおかしくないのですが、とりあえずアルティメットシリーズ「P1」や3座シートハイパーカー「スピードテール」をイメージしたリヤデザインに仕上げられています。

スポンサーリンク

色んな意味で突っ込みどころ満載の過激レンダリング

特に「スピードテール」を意識したらリヤデザインは、LMP1にも登場しそうな大型シャークフィンを備え、明らかにフロント・リヤフェンダーをぶった切ってワイドに仕上げたであろうフレアフェンダー、そして”腹下擦るの上等!”といわんばかりのブガッティ「ディーヴォ」やランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」に一切引けを取らない過激なフルエアロキットを装備しています(サイドの空力フィンを備えたサイドスカートはダイナミック)。

そして最も注目すべきなのが、何故かリヤナンバープレートには”なにわ”と記載された仮ナンバープレートを装着。
これは勝手なる偏見かもしれませんが、ヤンチャ過ぎるスタイリングに、正式なナンバープレートではなく、敢えてヤンチャなイメージが定着している”なにわ”の仮ナンバープレートを装着するあたりは、デジタルアーティストのセンスがかなり輝くポイントではありますね。

フロントデザインはほとんどランボルギーニ風

こちらはフロントデザイン。
真っ先に注目してしまうのがフロントヘッドライトで、「720S」のフラットなLEDデイタイムランニングライトから、なぜかランボルギーニのオールエレクトリックハイパーカー「テルッツオ・ミッレニオ」を意識したY字型デイタイムランニングライトを採用。
ギザギザのエッジと目を引くフロントフェイス、常軌を逸したスプリッターも中々に過激ではありますが、これもまたランボルギーニ風の攻撃的なデザインを上手いこと踏襲していますね。
個人的には、フロントエンドもしくはダッシュボードの上あたりに”なにわ”の仮ナンバーを装着して更にヤンチャ感を演出してほしかったなぁというのが正直なところです。

 

View this post on Instagram

 

Another to join the Highflyingflyhighlifeofhighness squad. 😂😂😂

Khyzyl Saleemさん(@the_kyza)がシェアした投稿 –

☆★☆Khyzyl Saleemレンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

【レンダリング】ブガッティ「ディーヴォ」をワイドボディ化&ローダウンでベッタベタにしてみた(2018/9/17投稿)
現車で見れたらヤバイ。パガーニ「ウアイラBC」をリバティーウォーク(LB)仕様にしたレンダリングが公開(2018/3/1投稿)
【レンダリング】ランボルギーニのEVモデル「テルッツオ・ミッレニオ」を「ミウラ」風にしたら?→まるでリバティーウォーク仕様に(2018/2/17投稿)
これはちょっと…スタンス仕様・フェラーリ「330 P4」のレンダリング画像が公開に(2017/12/14投稿)
意外と普通。ポルシェ「911RSR」の大型リヤウィングを取っ払ったレンダリングが公開に(2017/6/24投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう