フルモデルチェンジ版・ダイハツ新型「タント/タント・カスタム」のメーカ(パック)オプションはいくら?その価格帯を公開してみる【動画有】

~新型「タント/タント・カスタム」のメーカオプション価格を公開してみる~

7月9日(火)に正式発表・発売されるダイハツのフルモデルチェンジ版・新型「タント/タント・カスタム」ですが、このモデルの簡易カタログを公開したところ、かなりの反響をいただきました。
今回、簡易カタログの中にある、メーカオプションとなる納車後後付けが不可能なパックオプションと呼ばれるものがあるのですが、これに関する問い合わせが非常に多く、「オプションの価格帯が知りたい!」という要望が多かったので、今回はそれを公開していきたいと思います。

新車を購入する上で、メーカオプションは納車後に変更することができない重要なオプションとなっています。
自身の納得いくクルマに仕上げて欲しい想いもありますので、新型「タント/タント・カスタム」を検討されている方は少しでも参考にしていただければと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~早速パックオプション内容と価格帯をチェックしていこう~

早速、新型「タント/タント・カスタム」に設定されるパックオプションとは、どういったパッケージング内容となっているのかをチェックしていきましょう(全て8%税込)。

パックオプションは、全6種類準備されていて、グレードによってオプションが設定できる・できないものがあります。
再度の記載となりますが、パックオプションは後付けが不可能となるメーカオプションとなりますので、新車購入の際にはしっかりと考えて設定していきたいところです。

①コンフォートブルパック[Xターボ/X/カスタムRS/カスタムX専用]

まずはコンフォータブルパック。
装備内容は以下の6種類となっていますが、その中でも赤字の装備は必須となりますね。

○360°スーパーUV/IRカットガラス(フロントクォーター/フロントドア/リヤドア/リヤクォーター/バックドアインドゥ)
○格納式シートバックテーブル(運転席/助手席)&シートバックポケット(運転席)
○運転席シートリフター
○チルトステアリング
○シートヒーター(運転席/助手席)
○リヤヒーターダクト

ちなみに、このパッケージオプションの価格は、2WD(FF)モデルが37,800円、4WDモデルが32,400円と価格が異なっています。
4WDモデルは、基本的に寒冷地仕様という扱いになるため、シートヒーター等が標準装備されています。その分を考慮して価格が若干安くなっているんですね。

あとは、チルトステアリングと運転席シートリフター、こちらは最適なドライブポジションを設定する際には必須になりますし、家族用として活用するのであれば、絶対に付けておきたい装備ですね(っというかオプション扱いというのが驚き)。

②スマートクルーズパック[Xターボ/カスタムRS専用]

続いてはスマートクルーズパックですね。装備内容は以下の通り9種類。
こちらは新型「タント/タント・カスタム」のターボ(上位)グレード専用となり、次世代スマートアシストのメーカオプション扱いとなっている装備が含まれています。

○全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)
○LKC(レーンキープコントロール)
○スマートクルーズ専用ディスプレイ
○ステアリングスイッチ(運転支援用)
○運転席シートリフター
○チルトステアリング
○ETCユニット
○革巻ステアリングホイール(メッキオーナメント/シルバー加飾付)
○ドライブアシストイルミネーション(エコドライブアシスト照明付)

全車速追従機能付ACCとLKCの組み合わせによって、高速走行時の加減速サポート並びに車線の中央を安定して走行するサポート機能となっているため、長距離運転の多いドライバには必須アイテムと言えそうです。

ちなみに、こちらのパッケージオプションの価格は、”ターボX”が59,400円、”カスタムRS”が54,000円となっています。

③スマートパノラマパーキングパック[Xターボ/X/カスタムRS/カスタムX]

続いてはスマートパノラマパーキングパックという装備、今回全6種類の中で最も高価なオプションとなっています。装備内容は非常に充実した12種類。

○スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)
○フロントカメラ、サイドカメラ、バックカメラ
○6.2インチディスプレイオーディオ(USB端子1口付)
○ステアリングスイッチ(駐車支援用/オーディオ操作用)
○16cmリヤスピーカー
○ツィーター
○GPSアンテナ
○フルセグTVアンテナ
○後席モニター用ハーネス
○チルトステアリング
○ヒーテッドドアミラー
○サイドアンダーミラー(助手席)

装備内容が充実していることはもちろんですが、やはりスマートパノラマパーキングアシスト機能により、音声とモニターガイドに加えて駐車時のハンドル操作を自動でアシストするという機能は、バック駐車や縦列駐車を苦手とするユーザーにとっては重宝されるオプションだと思いますね。

ちなみに、このオプションの価格帯は対象グレード共通で70,200円と非常に高額。
もちろん、こうした自動駐車機能を行うためには、複数のカメラやアンテナ、スピーカーといった装備も必須となるわけですから、これだけの費用が発生するのは致し方ないところですね。

④純正ナビ装着用アップグレードパック[L(スマートアシスト非装着車)を除く全車]

続いては、ほぼ全グレードに設定可能な純正ナビ装着用アップグレードパックですね。装備内容は9種類。
新型より、純正で9インチナビゲーションディスプレイが装着可能となったため、そういったナビを装着するために必要なアクセサリ一式のオプションとなっています。

○ステアリングスイッチ(オーディオ操作用)
○バックカメラ
○16cmリヤスピーカー
○ツィーター
○GPSアンテナ
○フルセグTVアンテナ
○後席モニター用ハーネス
○D assist切替ステアリングスイッチ
○ステアリング加飾(メッキオーナメント/シルバー加飾

なお、こちらのオプション価格も全グレード共通で27,000円となっています。

⑤パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレード[Xターボ/X/カスタムRS/カスタムX]

続いてのパノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードですが、こちらは「純正ナビ装着用アップグレードパック」と「スマートパノラマパーキングパック」との同時装着が不可能なオプションとなっています。装備内容は9種類。

○ステアリングスイッチ(オーディオ操作用)
○フロントカメラ、サイドカメラ、バックカメラ
○16cmリヤスピーカー
○ツィーター
○GPSアンテナ
○フルセグTVアンテナ
○後席モニター用ハーネス
○ヒーテッドドアミラー
○サイドアンダーミラー(助手席)

このオプション、名前がちょっとややこしいのですが、カンタンに言えばバック駐車する際にアラウンドビューモニターがナビゲーション画面に映るというだけのオプション。
もちろん、純正ナビ装着用のキット等も併せて装備するので、非常にお得なオプションだと思います。
気になるオプション価格は、対象グレード共通で59,400円となっています。

⑥スタイルパック[カスタムRS/カスタムX]

最後は外観をカスタムするためのパッケージオプションで、基本的には「タント・カスタム」のみが対象となっています。装備内容は3種類。

○LEDフォグランプ
○フォグランプガーニッシュ(メッキ)
○リヤリフレクターガーニッシュ(メッキ)

このオプションに加味して、様々なディーラオプションから細かいスタイリングにカスタムすることが可能になっています。
ちなみに、このスタイルパックだけでの価格は対象グレード共通で25,920円となっています。

【フルモデルチェンジ版・ダイハツ新型「タント/タント・カスタム」のカタログを入手!早速中身をチェックしてみよう!【注:最初の数十秒ほどノイズ有】】

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」まとめの関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」グレード別価格帯の関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」見積もりの関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」セールス試乗感想記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」外装・内装関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「タント/タント・カスタム」関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう