2021年モデル・(欧)トヨタ新型カムリ・ハイブリッドが世界初公開!スポーティな内外装デザインを一新し、より上質でラグジュアリーにグレードアップ

欧州市場ではWSのようなスポーティなグリルだけでなく、大口グリルも人気のようだ

欧州市場向けに販売されているトヨタ・カムリ・ハイブリッド(Toyota New Camry Hybrid)が、一部改良版として新たに発売されることが明らかとなりました。

2021年モデルとして内外装デザインを一部変更した新型カムリ・ハイブリッドですが、これまでスポーティな印象だったフロントグリルを変更し、キーンルックグリルを強調付けたデザインにすることでラグジュアリー性を強化しています。


新型カムリ・ハイブリッドはどこが変わった?

真正面から見てみるとこんな感じ。

日本市場向けとは若干異なるフロントグリルで、インテーク周りには”コ”の字型のブラックもしくはダークグレーに加飾されたグリルフレームが設けられています。

足もとには、新設計のシルバーとブラックのアルミホイールが標準装備されますが、オプションによって17インチもしくは18インチに設定することが可能とのこと。

今回は18インチアルミホイールが装着されていますが、17インチはもう少し落ち着いたシルバー塗装のアルミホイールとのこと。

ちなみに今回の新型のイメージカラーはディープメタルグレーと呼ばれる新色で、これにマッチしたスモークメッキ加飾されたLEDテールランプが何ともクールな印象を与えていますね。

インテリアは9インチディスプレイオーディオを標準装備

インテリアはこんな感じ。

欧州トヨタ曰く、タッチ操作などについて人間工学に基づいて大幅に向上させているとのことで、ダッシュボードよりも高い位置に置かれ新デザインのフローティング9インチインフォテイメントタッチスクリーンディスプレイ(Apple CarPlay/Android Auto対応)を標準装備しています。

その他エアコン関係は物理スイッチやダイヤルを装備することで、直感的な操作を可能にしているとのこと。

シート素材については、ベージュもしくはブラックの何れかから選択可能なプレミアムレザーシートをオプションにて準備していて、シートの換気を効率よく行うヘリンボーンパターンと呼ばれるミシン目が採用されているようです。

このほかにも、ファブリック素材を一部使用したレザーシートも準備されているそうで、こちらもオプション扱いではあるものの、シートカラーはブラックとチタンのカラードステッチを縫合したもののみとなっています。

そしてこちらは後席スペース。

センターアームレストは格納式で、後席用のエアコンタッチパネルも準備されているので、より一層のラグジュアリー感を堪能することが可能です。

気になる安全装備については、ステアリングアシストやリヤクロストラフィックアラート、レーンアシスト、インテリジェントアダプティブクルーズコントロール等を標準装備しています。

パワートレインは、排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モーターを組み合わせることで、システム総出力218psを発揮。

価格帯については、2020年末頃に明らかになるとのことです。

☆★☆カムリ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう