【価格は315万円から】ホンダ新型S660の特別仕様車”20.5M Modulo X”が2021年3月12日に発売スタート!6速MTのみのピュア軽オープンスポーツモデル

2021-02-24

特別仕様車S660”20.5M Modulo X”のボディカラーや価格帯をチェックしていこう

先程、特別仕様車S660”20.5M Modulo X”の特別装備一覧をチェックしましたが、個人的に引っ掛かっているのは、なぜ現行のブラックスパッタリング加工されたアルミホイールではなく、マイナーチェンジ前のステルスブラック仕上げアルミホイールにダウングレードしてしまったのか?ということ。

これについては理由は明らかになっておらず、担当セールスさんも納得いかなかった様子。

そういった意味では、今回のモデルは今までのS660の集大成のようなものだと思われ、先述の通り今回の特別仕様車がS660の最後ということになれば、ちょっともの足りなさはあるかもしれませんね。


ボディカラーは僅か2色のみ

続いてボディカラーについてですが、何と設定されるのは以下の僅か2色のみ。

・プレミアムスターホワイトパール
・ソニックグレーパール

これはちょっと予想外でしたね。

従来ラインナップされているModulo Xのアラバスターシルバーメタリックや、フレンチブルーパールが設定されず、その代わりとして定番カラーのホワイトと新色のソニックグレーパールに限定するところも謎。

なおソニックグレーパールは、シビック・ハッチバックでも設定されている個性的な色合いですが、これがS660に設定されるとどのような雰囲気になるのか気になるところです。

特別仕様車S660”20.5M Modulo X”の価格帯は?

そして最後に注目したいのが、特別仕様車S660”20.5M Modulo X”の価格帯ですね。

グレード構成としては、センターディスプレイが搭載されているタイプと、ナビ装着用スペシャルパッケージ付きの2種類で、何れもカタログモデルのModulo Xよりも高額になるので注意。

【特別仕様車S660”20.5M Modulo X”の価格帯一覧(10%税込み)】

◇ナビ装着用スペシャルパッケージ付き(6速MTのみ):3,150,400円

◇センターディスプレイ付き(6速MTのみ):3,199,900円


【新型S660グレード別価格帯一覧(10%税込み)】

◇ベータ(β)[6MT&CVT]:2,031,700円

◇アルファ(α)[6MT&CVT]:2,321,000円

◇Modulo X[6MT&CVT]:3,042,600円

参考までに、Modulo Xと比較すると10万円以上アップしているのがわかります。

軽自動車で約320万円というのも中々に衝撃的ですが、おそらくディーラーオプションや諸経費なども含めると360万円以上と新型ヴェゼル(New Vezel)が購入できるレベルかもしれませんね。

☆★☆ホンダ新型車・関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう