遂に来た!フルモデルチェンジ版・レクサス新型NXのティーザー画像が世界初公開。発表は噂通り2021年6月12日(土)の午後12時→併せて特設サイトも公開予定

引続きレクサス新型NXのインテリアをチェックしていこう

引続きレクサスのフルモデルチェンジ版・新型NXの内装をチェックしていきましょう。

もう一つチェックしていきたいのは、ディスプレイ直下に設けらたシートヒーター/ベンチレーション、風向、風量、温度といった操作系ですが、これがどうやら静電式タッチパネルの可能性が高そう。

ピアノブラックの物理スイッチにも見えますが、いずれにしても指紋痕が目立ってしまったり、タッチパネルであればトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)のように操作性が悪く”押せてるのかどうかわからない”といった問題もあるため、この点は実車を見て改めて判断したいところです。

ちなみにこちらが、トヨタ新型ハリアーの静電式タッチパネル。

指紋痕やホコリなどで見苦しく大変恐縮ですが、こういった見た目や操作性のポイントでマイナスに捉えらえる部分も多いかもしれません。


ステアリングスイッチも静電式タッチパネル?

続いてステアリングホイールですが、ステアリング形状自体はそこまで大きく変わり映えしない3スポークタイプではあるものの、ステアリング上のスイッチが物理スイッチにも見えれば、タッチパネル風にも見えるのが気になるところ。

ステアリングスイッチをタッチパネルにしているモデルといえば、フェラーリSF90ストラダーレ/ローマ、ケーニグセグ・ジェスコといったスーパーカー/ハイパーカーが主ですが、この技術をレクサスが採用してくるのか注目です。

メーター類はレクサスの新世代を表すフルデジタル液晶

そして今回の注目トピックスはやっぱり運転席のインストルメントクラスター。

恐らくはスバル新型レヴォーグ(Subaru New Levorg)や日産の新型ノート・オーラ(Nissan New Note AURA)同様に、12.3インチのフルデジタル液晶メーターを採用してくるものと予想される一方、マップ表示といった様々な機能性も導入されるのかどうか注目していきたい所です。

あとこの画像ではちょっと確認できませんが、運転席側のダッシュボードに投影式のヘッドアップディスプレイが搭載されているのが確認でき、ディスプレイサイズが10.8インチタイプなのか、それ以上にワイドでアニメーションも豊富なのかも気になるところですね。

タッチパッド式のリモートタッチは排除でシンプルに

最後はセンターシフト周り。

画像を見た感じだと、エンジンスタートスイッチやUSBポート2口、ワイヤレスバッテリーチャージャー、縦2列のドリンクホルダー、LC風のスライド式電子シフト、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドなどが採用されています。

ただ今回のフルモデルチェンジにより、レクサスの大きな特徴でもあったタッチパッド式のリモート操作機能が排除されているのは残念。

運転中であっても、直感的な操作が可能で使い勝手も良かったため、個人的には今回のフルモデルチェンジで最も大きな改悪部分だと考える一方、新世代レクサスの幕開けとも捉えらえる部分(呪縛からの解放?)なので、そういった意味では新型NXには大きく期待できる部分も多く感じられます。

☆★☆レクサス新型NX関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう