これまた凄いの出てきたな…日産の新型ジュークハイブリッド・ラリートリビュートコンセプトが世界初公開!初代フェアレディZ(240Z)をモチーフにしたラリーSUV

2022-07-07

引き続き日産の新型ジュークハイブリッド・ラリートリビュートコンセプトを見ていこう

続いては、日産の新型ジュークハイブリッド・トリビュートコンセプトのインテリアもチェックしていきましょう。

本格的なラリーカーらしいロールケージや消火器、4点式ハーネスを備えたレーシングシートに加え、リアベンチデリートやアルカンターラで仕上げられたステアリングホイール、油圧ハンドブレーキ、ヘッドフォンを備えたインターホンシステム、そして新型ジュークにて設定可能なBOSEプレミアムサラウンドシステムもヘッドレストサイドに装備。

何とプロパイロット(ProPilot)も残されていた!オンロード&プロパイロットのアシスト精度も気になる

コックピット周りはこんな感じ。

12時の方向にレッドのセンターストライプが追加され、メーターもハイブリッド専用インジケーター、そしてステアリングスイッチにはプロパイロット(ProPilot)が確認できるなど、意外にもドライビングサポートも使用できるというギャップもユニーク。


パワートレインのアップデートは無し

ちなみに気になるパワートレインですが、新型ジュークハイブリッドがベースになるため、排気量1.6L 直列4気筒自然吸気エンジン+ルノー製ハイブリッドシステム(HSG:高電圧スタータージェネレーター)+1.2kWhの水冷バッテリーを採用することにより、最高出力94ps+電気モーター49ps/最大トルク148Nm+電気モーター205Nmを発揮。

そのため、見た目の割にパワー不足に感じる可能性が非常に高いわけですが、あくまでもコンセプトカーという立ち位置なので、内外装のデザインというところで割り切っているところも日産らしいところ。

やはり新型ジュークの日本市場への導入には期待したいが…

それにしても…新型ジュークハイブリッドをベースとしたラリートリビュートコンセプトが世界初公開されるとは全く予想しておらず、日産がジュークをアピールしていることもわかりますが、常々思うのは「なぜ日本市場で販売しないのか?」ということ。

2022年6月は、ビッグマイナーチェンジ版・新型キックスe-POWER(New Kicks)が発表・発売され、同年7月下旬にはフルモデルチェンジ版・新型エクストレイルe-POWER(New X-Trail)が発売される予定ですが、Bセグメント相当のコンパクトSUVがラインナップされていないのはちょっと残念。

現時点では日本市場に導入されるといった話は無いものの、今後の日本市場での日産の売れ行き次第では、SUVのラインナップ拡大も検討されることを楽しみにしたいところです。

日産関連記事

Reference:CARSCOOPS