フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアーの実車レビューが続々と公開!更に鮮明となったインプレッション動画をチェックしていこう【動画有】

続いては新型ハリアーの内装(インテリア)をインプレッションしていこう

続いてはインテリアを見ていきましょう。

画質も大分向上しているため見やすく、内ドア部分のソフトパッド面積が非常に広く、ハードプラスチックを使用している部分は少ないと思います。

おまけにサイドウィンドウ周りのオーナメントパネルも、ヘアライン仕上げで高級感がありますね。

こちらは運転席側の電動パワーシート。

Zグレードと言えども、本革仕様ではないため運転席のみが電動パワー調整となり、助手席側は手動式となっています。

そしてこちらはアクセルやブレーキペダル。

アクセルは吊り下げ式ではなく、操作性を高めるオルガン式を採用していますね。

後はフロントフードと給油蓋オープン用のレバーが設けられていますが、個人的に給油蓋はプッシュ式にしてほしかったところです。

そしてこちらが運転席と助手席のシート。

GグレードとZグレードでは共通で合成皮革+ファブリックのコンビシートとなり、”Leather Package”にて本革シートが設定されます。

おまけにシートヒーター&シートベンチレーション、ステアリングヒーターは”Leather Package”でしか設定されず、それ以外のグレードではシートヒーターなどのメーカーオプションすら準備されていないのが残念です。

あとエントリーグレードSはフルファブリック仕様になります。

こちらが運転席周り。

そしてセンターシフトノブ周りですが、シフトノブの奥には電動パーキングブレーキ+オートブレーキホールドスイッチが設けられ、更にEV MODE/DRIVE MODEのスイッチやレバーなども設けられていますね。

個人的に一番勿体ないと思うセンターコンソールボックス

こちらはセンターアームレストの直下に設けられたボックス。

アームレストをオープンすると、トレイのようなものが設けられ、その下にはある程度の収納スペースが設けられています。

本来であれば、こういったところに子供用のCD/DVDなどを保管しておきたいのですが、残念ながら新型ハリアーではCD/DVDは設定されず、ディーラーオプションでも設定不可なのでとにかく不便。

個人的に新型ハリアーは、ファミリー向けには適さない一台だと考えています。

そしてこちらはセンターアームレスト。

どうやらワンプッシュでスライドが可能で、自分の好みの位置に調整できるのも嬉しいポイントです。

こちらはステアリングの右後ろに設けられたスイッチ。

こういったところに、オートヘッドライトのスイッチや電動テールゲート、更にはブラインドスポットモニターなどのスイッチが設けられるのでしょうね。

更にその下にはETC2.0車載器も標準装備されています。

ステアリング調整は電動チルト&テレスコピックで、左側にはODO・TRIPメータースイッチがあり、その下にはおそらくパノラミックビューモニター(PVM)用のスイッチが設けられるのではないかと思います(その周りはハードプラスチックカバー)。

こちらはインフォテイメントシステム。

いつものことながら、フルモデルチェンジしても速度・加速度メーターがアナログというのが残念です。

そしてこちらが後席のサイドウィンドウスイッチ周りのオーナメントパネル。

こちらもフロント同様にヘアライン加工が施されているので、しっかりと高級感をキープできているのは嬉しいところですね。

それでは、残りのインプレッションも以下の動画にてチェックしていきましょう。

後席の足元のスペースやシートバックポケット、そしてリヤシートの格納式センターアームレストといった細かいところもレビューされています。

【新型ハリアー実車見てきた 細かく高画質で 内装外装 TOYOTA HARRIER(VENZA) これは売れる!】

まだ新型ハリアーの詳細情報を知らない方はコチラをチェック!

また、これから新型ハリアーを検討されている方や、どれぐらいの費用感になるのか?が気になる方は、以下の関連記事にて新型ハリアーのグレード別見積もり内容とメーカーオプション価格、ディーラーオプション、残価率、納期、そして値引き・割引き情報を全てまとめているので、是非とも参考にしていただけたらと思います。

▽▼▽新型ハリアー見積もり関連記事▽▼▽

☆★☆新型ハリアー/ヴェンザ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう