これは凄い…タイにてトヨタ新型アルファード顔に移植したスズキAPVが登場。カスタムカーとしてだけでなく、ビジネスカーとしてフル活用中

今回ベースとなったスズキAPVってどんなクルマなの?

via:https://response.jp/

ちなみに今回ベースとなっているスズキAPVと呼ばれる個体ですが、日本市場では販売しておらず、海外市場専売の商用ミニバン(MPV)タイプとして活躍する一台。

イメージ的には、スズキ・エブリィ(Every)/ランディ(Landy)の一回り大きいモデルと考えた方が良いかもしれませんね。

現在は東南アジアやオセアニア、中近東、アフリカ、中南米などでも広く使用されている世界戦略車だそうで、トヨタ・ハイエース(Hiace)のような存在。

なおエンジンは排気量1.5L/1.6L 直列4気筒エンジンをラインナップし、後席用ドアはスライド式ではなく、従来通りの横開き式を採用しています。

レクサス仕様にカスタムされたヴェルファイアも登場!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Velfire anh 20 ke anh 30 original thailand Sc one

@best_bodykit(@best_bodykit)がシェアした投稿 –

ちなみにこちらも、同じタイのアフターパーツメーカーによってカスタムされたトヨタ・ヴェルファイア(VELLFIRE)専用ボディキットですが、フロントエンドはレクサスのスピンドルグリルを採用し、更にグリルパターンはL字を幾重にも重ねたLM仕様に仕上げられていますね。

なおこちらのカスタムモデルは、タイ市場では「まとまりがない!」「下品すぎる!」「せっかくのヴェルファイアが勿体ない!」と、そこまで評判は良くないそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mobil barang keyen cm ad di thailand deh.. Mo liat mare ke thailand Intermezo aje guys Sc one r

@best_bodykit(@best_bodykit)がシェアした投稿 –

☆★☆カスタムモデル関連記事5選はコチラ!☆★☆