その名は「オメガ(Omega)」。ロータスが1,000馬力以上発揮するエレクトリックハイパーカーを開発中

ロータスのEVハイパーカー情報が明らかに!

以前、ライトウェイトスポーツカーを製造するBACやロータスが、ハイブリッドモデルや100%エレクトリックモデルを開発するという記事をご紹介しましたが、今回ようやくそのモデルの一部詳細が明らかになっています。
Autocarの情報によると、このプロジェクトコードネームは「オメガ(Omega)」と呼ばれていて、開発は順調に進んでおり、2019年にはコンセプトモデルを発表する予定とのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

パワーは1,000馬力以上、価格もハイパーカー級?!

「オメガ」が市場にて登場するのは10年以内となりますが、特注の電動パワートレインを搭載し、これまでのロータスでは有り得なかった最高出力1,000ps以上を発揮するとのことで、更には重量を抑えるために次世代バッテリパックを搭載することでパワー密度を向上させるのだとか。
加えて、これだけのパワーをフルに活用するためには、駆動方式を四輪駆動化し、航続可能距離も400km以上を実現するとのこと。

気になる価格帯についてですが、これはブガッティ「シロン」やケーニグセグ「アゲーラ」に匹敵する約2.9億円程の超高額モデルになるとのことですが、競合モデルも間違いなくそのあたりの1,000ps超えのハイパーカーになることは間違いないですし、それだけのコストに見合った究極のスポーツカーを作り上げることを期待したいですね。

☆★☆ロータス/BAC関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう