【メガスーパーカーモーターショー2019】ランボルギーニ福岡エリアに行ってみた!何と強烈過ぎる「アヴェンタドールSVJ/ウラカン・スーパートロフェオ」が特別出展【動画有】

2019-07-23

~メガ―スーパーカーモーターショー2019は協賛エリアもかなりぶっ飛んでいる!~

7月19日(金)~7月22日(月)までマリンメッセ福岡にて開催中のメガスーパーカーモーターショー2019。
私は初日の7月19日(金)に特別取材させていただき、どこよりも早く、そして細かく本会場のレポートをお届けしています。

本イベントは、芝浦グループホールディングス社主催にて行われているもので、出展車両のエキゾーストサウンド(空ぶかし)パフォーマンスも行われ、目で楽しむだけでなく耳でも楽しめる大興奮のイベントとなっています。

今回はちょっと番外編ということで、九州の協賛ディーラをご紹介。
まず記念すべき1つ目の協賛ディーラはランボルギーニ福岡さん。
今回出展していた個体は、同社ハードコアモデルの「アヴェンタドールSVJ」と特別レーシングモデル「ウラカン・スーパートロフェオ」、そして従来ラインナップモデルとなる「ウルス」の3台が特別に展示されていました。

早速、それぞれの個体を簡単にチェックしていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~早速展示車両をチェックしてみよう~

「アヴェンタドールSVJクーペ」

まずはランボルギーニのハードコアモデルで、世界限定900台のみ販売されたフラッグシップモデル「アヴェンタドールSVJ(Aventador Super Veloce Jota)」。
ボディカラーはホワイト系で、ところどころのブラックのアクセントは全てカーボン仕上げという強烈な一台となっています。

リヤフェンダーには”SVJ”のビッグステッカーが貼付されていますが、これはペイントにも設定することができるものの、そのオプションは100万円程と非常に高価となっています。

とてもクルマとは思えない程に強烈なリヤデザイン。
「アヴェンタドール・シリーズ」では初となる中央2本だし、同社ハイパフォーマンスモデル「ウラカン・ペルフォルマンテ」の系譜を受け継ぐレイアウトとなっています。

「ウラカン・スーパートロフェオ」

まさかこんなとんでもないモデルに巡り合えるとは…
こちらはトラックに焦点を当てた専用モデル「ウラカン・スーパートロフェオ(Huracan Super Trofeo)」ですね。

ボディカラーとしてはマット系グレーに身を纏い、フロントカナードにはレッドのディテールアクセントが加えられています。
そして、レーシングモデルにはある意味必須となってくるピレリ等のスポンサーステッカーも貼付され、こうしたところはオプションでは購入できない特別なステータスが備えられています。

ちなみにフロントスプリッターは、カーボンファイバ製ではなくABS樹脂製を使用。
その理由としては、こうしたレーシングモデルはレースにおいて他車と接触するケースが非常に多いことから、カーボンファイバだと割れてしまい、補修に膨大なコストを要してしまうことから、ちょっとした衝撃でも割れることの無いABS樹脂を使用することで補修&交換費用を抑えています。

リヤデザインを確認していくと、大型リヤウィングが装備されていますが、こちらは10種類の角度設定が可能となっていて、常に最適な走行性能・空力特性の設定が可能となっています。
リヤエンドにもレッドのディテールアクセント付となるカナードが装着。

パフォーマンスとしては、公道仕様モデルの「ウラカン・ペルフォルマンテ」のように四輪駆動(AWD)方式ではなく、後輪駆動(MR)を搭載し、排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンはそのままに、最高出力620psを発揮します。

トランスミッションは、カスタムされた6速スピードXtracの後列トランスミッションを搭載。
車体重量としては、従来の「ウラカン」よりも150kg以上も軽い1,270kgを実現。

こちらはリヤエンジンフード。
10個のパンチングホールがあるかと思いますが、これはV型10気筒エンジンを意味するためとなっています。

「ウルス」

最後は同社SSUVモデル「ウルス」。
ランボルギーニが満を持して販売した実用性にもこだわったスポーツモデルで、新規顧客を多数獲得した大ヒットモデルでもあります。
見た目としてはもちろん派手ながら、他のスーパーカーに比べると地味な存在ではありますが、そのデザイン性が意外にも女性から大きな支持を得るという結果に。

サイズ感としてはフルサイズに近いものがありますが、スタイリングとしてはトップルーフがリヤに掛けて下っていく姿が完全にクーペSUV。
そしてホイールベースが3,003mmととにかく長く、全長も5,112mm、全幅2,016mm、そして全高は1,638mmと全てにおいてデカイこと何の。

ちなみにパワートレインは、ポルシェ「カイエン・ターボ」と同じ排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力650ps/最大トルク850Nmを発揮します。

【【メガスーパーカーモーターショー2019】ランボルギーニ福岡ブースに行ってみた!「アヴェンタドールSVJ/ウラカン・スーパートロフェオ/ウルス」】

☆★☆メガスーパーカーモーターショー2019関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう