遂に来た!フルモデルチェンジ版・日産の新型フェアレディZ(400Z/Z35)の量産仕様が2021年8月17日にデビュー!なお発表場所は日本ではなくアメリカ

新型フェアレディZは装備やコスパでもかなり注目を浴びるかも?

なお参考までに、競合モデルと言われるBMW新型Z4やトヨタ新型GRスープラの北米市場価格は以下の通りで、圧倒的に新型フェアレディZが破格であることがわかるかと思います。

・日産フェアレディZ(400Z)・・・約383万円?(34,995ドル)

・BMW Z4 sDrive30i・・・約545万円(49,700ドル)

・BMW Z4 M40i・・・約698万円(63,700ドル)

・トヨタGRスープラ(2.0Lターボ)・・・約471万円(42,990ドル)

・トヨタGRスープラ(3.0Lターボ)・・・約559万円(50,990ドル)

▽▼▽関連記事▽▼▽


予約開始は2021年11月15日からとの情報も

そして新型フェアレディZの予約日についてもリークされていて、どうやら2021年11月15日からになるとのことですが、今回正式デビュー日が8月17日に決定したことを考えると、それまでに販売対象国でのモータージャーナリストによる試乗会や先行内覧会なども開催されるでしょうから、これらのキャンペーンが終了した後に先行予約がスタートするのではないかと考えられます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ただし、これはあくまでもアメリカでのリーク情報になるため、日本市場向けも全く同じ時期に先行予約がスタートするかは不明ですが、もしかすると2021年11月には価格情報やグレード情報なども明らかになるかもしれませんね。

2021年も日産の新車ラッシュは止まらない!

日産は2021年に入ってから、中国市場向けとなる新型エクストレイル(New X-Trail)や国内市場向けとなる新型ノート・オーラ(New Note Aura)を発売予定で、北米市場向けとなる新型パスファインダー(New Pathfinder)、欧州市場向けとなる新型キャシュカイ(New Qashqai)、そして新世代ピュアEVクロスオーバーのアリア(New Ariya)が発売されるなど、まさに日産の逆襲が始まる1年になります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今のところ日本市場向け新型フェアレディZ/エクストレイルは、2022年3月末に発売予定で多少の出遅れ感はあるものの、注目されること間違いなしのモデルだと考えています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nissan Arabia(@nissanarabia)がシェアした投稿

☆★☆新型フェアレディZ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう