えっ、これがフルモデルチェンジ版・日産の新型V38スカイライン?「キックス風SUV」「競合はトヨタ次期クラウンSUV」「VCターボ&新世代e-POWER搭載」との噂

日産の次期V38スカイラインSUVに関する噂情報を引き続きチェックしていこう

via:Spyder7

引き続き、日産のフルモデルチェンジ版・新型V38スカイラインSUVについてチェックしていきましょう。

ちなみにパワートレインは、Spyder7さんの報道によると排気量2.0L 直列4気筒VCターボエンジン+デュアルモーターを組み合わせた新世代e-POWERシステムを採用し、システム総出力440psを発揮するとのことですが、この辺りの情報はベストカーさんの報道内容に非常に近いところ。

ちなみにベストカーさんの報道では、次期V38スカイラインセダンのパワートレインが上記とほぼ同じで、これに加えてV型6気筒ハイブリッドも追加ラインナップされるとのことですが、これに関する真偽は不明。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なお発売時期は、どうやらV38スカイラインセダン版が先に2022年内にデビューし、クロスオーバー版が2023年にデビュー予定とのことですが、これについては日産ディーラーでの詳細が明らかになり次第、当ブログでも展開できればと思います。


新型V38スカイラインセダン/クロスオーバーの競合は、トヨタ次期クラウン

2021年12月時点で、日産の新型V38スカイラインが本当に登場するかは明らかになっていないものの、このモデルの競合には案の定トヨタ次期クラウン(Toyota New Crown)が対象になっているようです。

ちなみに次期クラウンにおいても、中日新聞の報道により、セダンの生産終了 → 将来的にクロスオーバーモデルが登場するといった衝撃的な報道もあり、加えて国内自動車情報誌がこぞってセダン/クロスオーバー版のスクープ情報を掲載していましたが、どうやらトヨタディーラーにも次期クラウンに関する情報が入っているとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

とはいえ、まだ具体的な情報は入っていないそうですが、本格的にセダン/クロスオーバーの開発を進めているとのことで、もしもV38スカイラインセダン/クロスオーバーが登場すれば、これらが直接的な競合になることは間違いなさそうですね。

ただプラットフォームが、これまでのFRプラットフォームから新型ハリアー(New Harrier)/RAV4などに採用されるTNGA-Kプラットフォームを採用し、後輪駆動(FR) → 前輪駆動(FF)ベースになるとの噂情報もあるため、この辺りも明確な情報が展開されれば、当ブログにて情報共有できればと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

☆★☆日産/インフィニティ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Spyder7