リコール関連 欧州メーカ >ポルシェ

ポルシェ「カイエン・シリーズ」がリコール。燃料ポンプ不具合で燃料漏れの恐れ有り

自動車ニュース"Response"の記事より、ポルシェ「カイエン・シリーズ」がリコール。
リコールの内容としては、燃料ポンプ関連に不具合があるとのことで、燃料ポンプフィルターフランジの取付位置が不適切なためにフランジ部が雨水等の被水により劣化することがあるとのこと。
そのため、フランジ部の強度が低下してそのままの状態で使用を続けると、燃料の圧力により亀裂が生じてしまい、燃料が漏れるおそれがあるとしてリコールを発令。

スポンサーリンク

リコールの対象となるのは、2002年12月24日~2006年9月26日に製造された「カイエン」「カイエンS」「カイエン・ターボ」「カイエン・ターボS」の4車種で、計3,601台がリコールとなります。

改善措置としては、全車両、燃料ポンプフィルターフランジを新品に交換し、保護フイルムを貼り付ける、リコール作業を行うとのことです(不具合2件発生、事故0件)。

【直近のリコール関連記事】
BMW「320i」等が1万台超えのリコール。燃料タンクに亀裂が入る恐れ有り(2018/3/30投稿)
トヨタ「アルファード」等が20万台超えのリコール。タカタ製エアバッグ不具合か(2018/3/28投稿)
パガーニ「ウアイラBC/ウアイラ・ロードスター」がリコール。バッテリ不具合で始動できない?!(2018/3/27投稿)
フェラーリ「488GTB」がリコール。ブレーキ管理システムが作動しない恐れ有り?!(2018/3/26投稿)
ルノー「カングー」にリコール。燃料漏れ・ECUに不具合有り(2018/3/17投稿)
シトロエン「C3」等がリコール。タカタ製エアバッグの不具合有り(2018/3/16投稿)
ジープ「グランドチェロキー」等がリコール。オルタネータ不具合でエンジン始動不可の恐れ有り(2018/3/10投稿)
マツダ「CX-8」が早くもリコール。自動ブレーキシステムが作動しない恐れ有り(2018/3/9投稿)
スズキ「ソリオ/スイフト」等がリコール。エンジン停止で走行不能の恐れ有り(2018/3/8投稿)
VW「ゴルフ」やアウディ「A3」がリコール。ブレーキ/横滑り防止機能が作動しない恐れ有り(2018/3/3投稿)
ジープ「コンパス/パトリオット」がリコール。エアバッグに不具合有り(2018/2/20投稿)
レクサス「LC500/RC F/GS F」がリコール。燃料漏れの恐れ有り(2018/2/14投稿)
三菱「RVR」がリコール。ワイパーモーターの不具合で動作しない恐れ有り(2018/2/8投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-リコール関連, 欧州メーカ, >ポルシェ
-, ,