リコール関連, 日本メーカ, >スズキ

最悪の場合、エンジンオイルが滴下して火災に至る恐れあり

スズキの主要モデルとなる新型ソリオ/イグニス/スイフト/三菱デリカD:2の4車種・計63台にリコール。

不具合内容としては、エン ...

日本メーカ, >スズキ

どの自動車メーカーも大変な状況であり、スズキにとってもジムニーが受注停止となるのは大きな痛手になる

2022年6月に一部改良版として新しく発表・発売されたスズキ新型ジムニー(Suzuki New ...

日本メーカ, >スズキ

今回はあくまでも一部であり、今後更に追加停止のスケジュールが組まれることも考えられそう

スズキが2022年4月の国内完成車工場の操業停止に関する公式プレスリリースを公表し、具体的な日程と対象車種を ...

日本メーカ, >スズキ

これがもしも事実であれば、2022年以降のスズキはかなり戦略的なモデルを展開することになりそうだ

昨今の諸事情による部品供給不足や、半導体の供給不足により製品開発や生産納期が遅れている自動車業界で ...

日本メーカ, >スズキ

2022年2月初め時点で既に43万台以上のリコールを届け出ているスズキ

さてさて、2022年に入ってから2種類のリコール/1種類の改善対策を届け出し、台数にして40万台以上となっているスズキ。

リコール関連, 日本メーカ, >スズキ, >三菱

最悪の場合、自動でエンジンが再始動できない恐れがある

スズキの主要モデルともいえるソリオ/スイフト/イグニス/クロスビー/三菱デリカD:2の5車種・計429,431台に大量の改善対策。

リコール関連, 日本メーカ, 欧州メーカ, 米国メーカ, >ジープ, >スズキ, >ベントレー, >日産/インフィニティ

スズキはエンジン関連の不具合で41万台以上の大量リコール

スズキ先代ソリオから新型ソリオ/スイフト/イグニス/クロスビー/三菱デリカD:2の5車種・計413,891台に大量リコール!

...

日本メーカ, >スズキ

完全な生産終了ではなく、一部改良のために一時的に受注・生産停止をしていただけのようだ

さてさて、以前スズキのコンパクトクロスオーバータイプとなるイグニス(Suzuki Ignis)が生産終了?と報 ...

日本メーカ, >スズキ

確かに3ドアハッチバックのスイフトが販売されたことはあったが…

スズキ・スイフトスポーツ(Suzuki Swift Sport)といえば、5ドアハッチバックモデルの中でもかなりコストパフォーマンス ...

リコール関連, 日本メーカ, >スズキ, >日産/インフィニティ

最悪の場合、発進後の加速不良や車体振動が発生する恐れ有り

スズキ・スイフト/ソリオ/イグニス/バレーノ/SX4 S-CROSS/スプラッシュの計6車種に改善対策が届け出されています。

...