東京オートサロン2020でのランボルギーニによる空ぶかし問題に関して問合せが殺到中。「九州開催のメガスーパーカーモーターショーの空ぶかしは大丈夫なの?」→これについて早速回答してみる【動画有】

2020-01-18

~東京オートサロンでの空ぶかし問題が思いもよらぬ方向に?~

東京オートサロン2020最終日の搬出時、ブームクラフト(Boomcraft)エリアのランボルギーニ「アヴェンタドール(Lamborghini Aventador)」(諸星一家メンバーと思われる)集団が、執拗且つ悪質な空ぶかしを行ったとして、これが消防法並びに道路交通法違反などにあたり、更に出展者同士の揉め合い等が発生して非常に大きな問題となっていますが、その一方で当ブログサイトにも多数の問い合わせが殺到しているのが、九州にて毎年開催されているメガスーパーカーモーターショーでの”とあるイベント”について。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~メガスーパーカーモーターショーのエキゾーストサウンドショーも空ぶかし問題の対象になるの?~

このイベントは、芝浦グループホールディングスさんが主催のもと、地元九州のあらゆる輸入車やスーパーカーディーラを協賛として開催されるスペシャルモーターショーとなります。
本イベントでは、世界限定500台のみ販売のブガッティ「シロン(Bugatti Chiron)」や、日本限定3台のみのケーニグセグ「アゲーラRSR(Koenigsegg Agera RSR)」、日本に2台しか正規輸入されていないブガッティ「ヴェイロン16.4グランスポーツ・ヴィテッセ」、その他ランボルギーニやフェラーリ、マクラーレンといった数多くのスーパーカーを芝浦グループホールディングスさん所有のもと、すべてを出展します。

そしてつい先ほど記載した”とあるイベント”についての問い合わせについてですが、メガスーパーカーモーターショーでの目玉イベントでもある「エキゾーストサウンドショー」について、これは東京オートサロン2020と同様に消防法に引っかかるのでは?違反ではないのか?といった問い合わせが非常に大きく来ています。

実際にメガスーパーカーモーターショー2019にて開催されたエキゾーストサウンドショーのシーンは以下の動画の通りとなります。

【【メガスーパーカーモーターショー2019】ランボルギーニ「アヴェンタドール/ムルシエラゴ/ディアブロ/カウンタック」エキゾーストサウンド】

~メガスーパーカーモーターショーは事前に公共施設並びに消防署からの許可を得て行っている~

このイベントについて、実際に芝浦グループホールディングスさんの広報部にも確認をさせていただきましたが、イベント開催前に公共施設の管理側や、これを管轄する消防署から事前に許可をいただき、「目玉イベント」の一環として公式的に行っているので全く問題ないとのこと。

先日の東京オートサロン2020にて発生した空ぶかし問題は、東京オートサロン規約となる消防法/道交法/道路運送車両法(保安基準)といった法的ルール(指示されるまでブースから車を動かさない、エンジンをかけるのは搬出時の移動のみ、不要にエンジンをかけない)を破ってしまったために問題となったわけですね。

▽▼▽東京オートサロン空ぶかしの新たな闇▽▼▽

したがって、メガスーパーカーモーターショーのエキゾーストサウンドショーは全く問題はありませんし、クリーンで法的な問題には当てはまりません(テレビ局等でも実際にエキゾーストサウンドショーの映像を公開している)。

こうした規約、ルール、モラルといった中で決められたことを行うことは何も問題ではありませんが、ルールやモラルなどに反した行為が問題であることが今回の空ぶかし問題の大きな種となります(この点だけは絶対に見失ってはいけない)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

~2021年のメガスーパーカーモーターショーは関東開催!更にドバイのハイパーカーも登場するぞ!~

そしてここからはちょっと余談ではあるものの、これまで九州にて開催されてきたメガスーパーカーモーターショーが、2021年に東京ビッグサイトもしくは幕張メッセにて開催される予定です。
その際にはもちろん、本イベントの目玉でもある「エキゾーストサウンドショー」も行われます。

そしてメガスーパーカーモーターショー2021では、唯一の日本人オーナーである芝浦グループホールディングスCEOの新地哲己 氏がオーダーした、ドバイ発となる最高出力5,000hp(日本仕様は3,000hp)のメガハイパーカー・デヴェル・モータース「デヴェル・シックスティーン(Devel Motors Devel Sixteen)」1台と、映画「ワイルド・スピード”スカイミッション”」にも登場した”空飛ぶ車”こと「ライカン・ハイパースポーツ」の後継モデル・Wモータース「フェニア・スーパースポーツ(W motors FENYR Supersport)」×5台が登場する予定です。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ブガッティやケーニグセグ、更にはパガーニといった億越えのハイパーカーにとどまらず、遂にドバイのスペシャリティモデルとのコラボとエキゾーストサウンドを、関東にて聴くことができるわけですから、これは絶対に行かないといけませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

あけましておめでとうございます㊗️ メガスーパーカーモーターショー オフィシャル 今年は本当に、ありがとうございました! まだまだバージョンアップしますのでご期待ください‼️ #happynewyear #モーターショー #イベント情報 #福岡イベント #車イベント #メガスーパーカー #スーパーカー #マリンメッセ福岡 #スーパーカー好き #スーパーカー #メガスーパーカー #ミスコン #Bugatti #BugattiChiron #bugattiveyron #Koenigsegg #pagani #Lamborghini #mercedes #Porsche #AstonMartin #McLAREN #Audi #Ferrari #BENTLEY #LEXUS #BMW #JAGUAR #RangeRover #Cadillac #chevroletprisma

メガスーパーカーモーターショー オフィシャル(@megasupercarmotorshow)がシェアした投稿 –

☆★☆メガスーパーカーモーターショー関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう