フェラーリ新CEOに就任予定のベネデット・ビーニャ氏って一体だれ?更にラ・フェラーリの後継と思われる開発車両がカモフラージュ一切無しの状態にてスパイショット!

まさか急にフルヌード状態のラ・フェラーリ後継の開発車両がスパイショットされるとは…

続いては、これまで何度かスパイショットされてきたラ・フェラーリ(LaFerrari)の後継と思われる開発車両が登場。

しかも今回は、ボディ全体に分厚いカモフラージュラッピングにて偽装され、完全フルヌード状態にてテスト走行しているところがスパイショットされています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

これまで販売されたラ・フェラーリ/ラ・フェラーリ・アペルタとは異なるフロントバンパーとは異なり、F8トリブート(F8 Tributo)のようなインテークフレームを持つデザインですが、100%この顔つきでラ・フェラーリの後継として登場するとは考えにくく、これもダミーだと思われます。


あくまでも評価しているのは次世代ハイブリッドシステムのパフォーマンス?

とはいえ、ボディのガワの部分はほぼラ・フェラーリ・アペルタがベースになっているようで、ここからどのように変化を遂げるのかは全くもって不明。

フェラーリが突如としてラ・フェラーリの後継モデルのカモフラージュを一気に剥がすには何かしらの理由があると思われますし、頻繁的にフェラーリ本社近くにてスパイショットされていることから、また新たなテストが行われている可能性が高そうです。

リヤビューもほぼラ・フェラーリからの流用となりますが、肝心のパワートレインにおいてはV型12気筒自然吸気エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムになる予定で、恐らくシステム総出力/システムトルク共に1,000ps/1,000Nm以上になると思われ、フェラーリ史上最強で最速の公道モデルになることが期待されています。

【IS THIS THE WEIRDEST LAFERRARI OUT THERE? 👀】

☆★☆フェラーリ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう