その他, 事故関連, >ハプニング関連

関越道にて謎の事故。これは一体? 本日3月17日、関越道上り線・渋川インター手前にて1台の乗用車が道路外を駆けのぼりクラッシュするという事故が発生。 事故の原因は不明で、今現在調査中とのことですが、車内に乗っていた一人が青ざめた表情で倒れていることから、意識不明の重体もしくは死亡の可能性があると言わ ...

その他, >近況・駄文等

ようやく進展のあったこのシリーズ。とりあえず生活環境が変わり過ぎておかしくなりそうだ さて、最後に公開してから1年以上が経過している精神病のひとつである解離性障害について。 この1年間で様々なことが起き、私自身の生活環境も大きく変化してしまったように感じます。 これまで通り、あまり細かく記載すること ...

その他, 日本メーカ, >トヨタ/レクサス, >ハプニング関連

人はなぜこういった危険な動画を投稿したがる? 某所にて、他人のトヨタ「クラウン」のルーフに乗っかってジャンプし、ルーフをボコボコにする動画がツイッターにて投稿されています。 既に場所と動画投稿者である「名古屋のつよし」という人物は特定されているようですが、なぜこのような行動を引き起こしたのかは一切不 ...

その他, スーパーカーメーカ, 米国メーカ, >ハプニング関連, >フェラーリ, >フォード

やはりドバイのやることは何もかもが違う! アラブ首長国連邦・ドバイにて、世界限定499台+1台のみ製造されたフェラーリのハイブリッドハイパーカー「ラ・フェラーリ」を使って、公道上にてドリフトターンしまくるオーナーが登場。 V12エンジン+ハイブリッドパワートレインにより、システム総出力963psを後 ...

その他, 日本メーカ, >トヨタ/レクサス, >日産/インフィニティ, >近況・駄文等

「最新自動車情報」にはご注意を 先日より、当ブログサイト「Creative Trend」の読者様からのご連絡にて発覚したのですが、どうやら当ブログの新車情報をそのまま丸パクリしているサイトがある模様。 それが上の画像にある「最新自動車情報2019(」というサイト。 当ブログでは、ある一定の人物しか知 ...

その他, スーパーカーメーカ, >ハプニング関連, >ランボルギーニ

ランボルギーニあるある?整備後にすぐ炎上 先週の3月1日(金)、イギリスにてランボルギーニ「ガヤルドLP560-4スパイダー」が突如として大炎上し、廃車処分となったことがわかりました。 当時この車に乗っていたのは、男性オーナーのLak Sira(22)氏とそのガールフレンドで、M6高速道路を走行中に ...

その他

新型「デイズ(Dayz)」のメーカオプション内容と価格が遂に明らかに 先日、日産・新型「デイズ(Dayz)」のグレード別価格帯や、お見積もり内容を公開してきましたが、今回はメーカオプション内容やボディカラー、そしてそれらの価格帯について公開していきたいと思います。 新型「デイズ」に関する情報は、まだ ...

その他, >ハプニング関連

無茶な通過は危険!一歩間違えれば死に繋がる危険な行為 国内某所の踏切にて、警報音が鳴っているにも関わらず、黒の軽自動車が踏切を通過しきれずに遮断棒が車体の上に乗っかった形で停車するという危険な状況に。 おそらく黒の軽自動車は、前が渋滞の中で停車していながらも、踏切は何とか通過できると判断したものの、 ...

その他, 欧州メーカ, >ハプニング関連, >メルセデスベンツ/AMG

度重なる危険運転の数々。今度は無茶な追い越しによって生まれたトラブル 埼玉県某所にて、とても狭~い片側一車線の県道を撮影車両が普通に走行していたところ、反対車線が大渋滞になっていたことが原因で、それらを無理やり追い越そうとしたブラックカラーのメルセデスベンツ「SLクラス」が追い越しに失敗し、更には途 ...

その他, スーパーカーメーカ, 欧州メーカ, >ドラッグレース関連, >ポルシェ, >マクラーレン

遂にドラッグレースの帝王が敗れる ドラッグレースにおいてほぼ負けなしと言われてきた帝王ことマクラーレン「720S」。 ブガッティ「シロン」を始め、数多くのハイパフォーマンスモデルやチューニングモデルを圧倒してきた「720S」ですが、遂に今回のドラッグレースにて圧倒的な敗北を喫することに。 上の画像に ...

その他, 欧州メーカ, >ハプニング関連, >マセラティ

止まらぬ煽り運転。今度は首都高速にて強制停車 高速道路や市道でのあおり運転が頻発する中、今度は首都高速道路の走行車線と追い越し車線の中央分離帯を跨ぐような形で、強制停車させる等のあおり運転を行うマセラティ「クアトロポルテ?」らしき車両が登場。 なぜこのような状態になってしまったのかは一切不明ですが、 ...

その他, >社会問題

またもや警察官による問題が発生。今度はスピード違反 以前、埼玉県警川越署の20代である女性警察官が、無免許で警察車両を運転するという問題がありましたが、今度は千葉県警の20代男性巡査が、一般道(市道)にて自身の所有するスポーツカーで145km//hのスピードを出したとして、道路交通法違反の容疑として ...

その他, >ハプニング関連

岡山県にてとんでもない高齢ドライバが登場 近年何かと問題の多い高齢ドライバによる事故や逆走、トラブル等がありますが、今度はまた新たなジャンルの高齢ドライバによる問題が発生。 何と、クルマを使って犬の散歩を行うという前代未聞の映像が公開されていますが、このドライバ、自分で歩いて犬の散歩を行うのが嫌だか ...

その他, >ハプニング関連

まさに大事故危機一髪!高齢ドライバによる逆走 最近、高齢ドライバによる高速道路での逆走が多発していますが、今回は新東名の三車線にて軽自動車が逆走する高齢ドライバが登場。 幸い、この逆走による事故は発生しておらず、先頭車両がハザードにて後続車両に注意喚起を促していることもあり事故を未然に防げていますが ...