日本メーカ, >ホンダ/アキュラ

今後電動化が進むともなれば、最後の内燃機関と噂のタイプRも新車価格では買えないかもしれない

日本市場にて限定200台のみ販売され、先着購入枠は僅か6秒で完売したホンダの特別仕様車シビック・タイプR ...

スーパーカーメーカ, >ブガッティ

ブガッティEB110のホイールが出品されるのは初めてかもしれない

ブガッティといえば、現在販売されている世界限定500台のシロン(Bugatti Chiron)やヴェイロン(Veyron)の維持費 ...

スーパーカーメーカ, >フェラーリ

F40含め、フェラーリのガソリンモデルは今後更に高騰するだろう

フェラーリのスペチアーレモデルで今もなお愛され続けるF40ですが、一昔前は約3,000万円ほどにて販売されていた個体も(当時の日本価 ...

米国メーカ, >フォード

生産第一号&チャリティーオークションで億超えは定番にっているのかもしれない

フォードより約24年ぶりに復活した、6代目となるフルモデルチェンジ版・新型ブロンコ(Ford New Bronco)です ...

欧州メーカ, >ポルシェ

転売されるために販売された新型935クラブスポーツが中古車市場に登場!その価格もかなり強烈

ポルシェが創立70周年を記念して、世界限定77台のみ販売した公道走行不可のレーシングモデル935クラブス ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

生産台数468台と希少なVTロードスターが登場

以前、僅か3年間で約4,300万円もの維持費が掛かったランボルギーニ・ディアブロ6.0SEが販売されているとの記事をご紹介しましたが、今回も中々に希 ...

欧州メーカ, >ポルシェ

こんなに個性とコストが上乗せされた911スピードスターは存在しないかもしれない

ポルシェの991型としては最後のモデルとなり、世界限定1,948台のみ販売された特別仕様車911スピードスター(Po ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

ほとんど市場に出回ることの無いベクターM12がオークションに登場!

以前、僅か3年間で約4,300万円の維持費・メンテナンス費用がかかったランボルギーニ・ディアブロ6.0SE(Lamborghin ...

欧州メーカ, >BMW

まさかポール・ウォーカー氏のM1が出品されるとは…

映画「ワイルド・スピード」にて、ブライアン・オコナー役で登場し一躍有名となった故ポール・ウォーカーですが、彼が所有していたとされるBMWの最高峰 ...

スーパーカーメーカ, >フェラーリ

375アメリカ自体が12台のみ製造された超希少モデル

海外オークションRM Sotheby’sにて、超希少ともいえる1954年式のフェラーリ375アメリカ(Ferrari 375 Am ...