スポンサーリンク

リコール関連, 日本メーカ, 欧州メーカ, >フォルクスワーゲン/アウディ/セアト/シュコダ, >日産/インフィニティ

~エアバッグが衝突時に作動しない恐れアリ?!~ フォルクスワーゲン「シャラン/ティグアン」含む4車種・計2,011台にリコール。 リコール内容としては、エアバッグコントロールユニットにおいて、電源用コンデンサのコーティング硬化工程が不適切なため、電源用コンデンサの耐久性が低いものがあるとのこと。 そ ...

リコール関連, 日本メーカ, >ホンダ/アキュラ

~最も恐れていた電動パーキングブレーキのリコールが現実に~ 前回の記事でもお伝えした通り、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型「N-WGN/N-WGN Custom」の2車種・計9,437台に大量リコール(おそらく生産・出荷停止前の製造分全てと推測)。 リコールの内容としては、制動装置(電動パーキング ...

日本メーカ, >ホンダ/アキュラ

~ホンダの抱えている問題はまだまだ山積みのようだ~ 本日12月12日、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型「N-WGN/N-WGN Custom」が、電動パーキングブレーキ問題により正式にリコール届出されることが明らかとなりましたが(リコール届出前にこの情報が漏れることは非常に珍しい…)、こうした一連 ...

リコール関連, 日本メーカ, >トヨタ/レクサス

~素子内部の回路が短絡してメータが表示されない恐れアリ~ トヨタ新型「プリウス」1車種・計7,087台にリコール。 国土交通省の情報によると、コンビネーションメータにおいて、メータ基板を構成する素子の生産設備の管理が不適切なため、当該素子内部に亀裂が生じているものがあるとのこと。 そのため、使用過程 ...

リコール関連, 日本メーカ, >ホンダ/アキュラ

~これ以上の納期遅延や電P問題の滞りは許されない…どうするホンダ?~ ホンダのフルモデルチェンジ版・新型「N-WGN/N-WGN Custom」ですが、以前より問題視されていた電動パーキングブレーキの不具合により、生産・出荷停止状態となり、ホンダ・ディーラでは未だ販売もされていない状態が続いています ...

リコール関連, 日本メーカ, >ホンダ/アキュラ

~意外にも2019年はほとんどリコールの届け出が無かったホンダ~ 以前、トヨタやスバル、日産・三菱、スズキが2019年に届け出たリコール内容をまとめた記事をご紹介しましたが、この内容がかなりの反響を呼んでいたようなので、今回はホンダが2019年に届け出たリコール内容をまとめていきたいと思います。 ト ...

その他, リコール関連, >バイク

~急制動がかかり事故が発生する恐れも~ ハーレーダビッドソン「トライグライドウルトラ/フリーウィーラー/CVOトライグライド」の3車種・計498台にリコール。 リコール内容としては、トラクションコントロールシステムにおいて、ABSモジュールのプログラムが不適切なため、後輪片側のホイールスピードセンサ ...

リコール関連, 日本メーカ, >スズキ

~スズキは毎年大規模レベルのリコールを届け出ている?~ 以前、トヨタやスバル、日産・三菱が2019年に届け出たリコール内容をまとめた記事をご紹介しましたが、この内容がかなりの反響を呼んでいたようなので、今回はスズキが2019年に届け出たリコール内容をまとめていきたいと思います。 トヨタやスバル、日産 ...

リコール関連, 日本メーカ, >三菱, >日産/インフィニティ

~日産・三菱のリコールに対する解決意識は低い?~ 以前、トヨタやスバルが2019年に届け出たリコール内容をまとめた記事をご紹介しましたが、この内容がかなりの反響を呼んでいたようで、今回は日産・三菱が2019年に届け出たリコール内容をまとめていきたいと思います。 ▽▼▽関連記事▽▼▽ 【2019年版】 ...

リコール関連, 日本メーカ, >スバル

~トータル台数はトヨタよりも少ないモノ、1車種当たりのリコール台数は圧倒的にスバルが上~ 以前、トヨタが2019年に発令したリコール内容をまとめた記事をご紹介しましたが、この内容がかなりの反響を呼んでいたようで、今回はスバルが2019年に届け出たリコール内容をまとめていきたいと思います。 ▽▼▽関連 ...

リコール関連, 日本メーカ, >トヨタ/レクサス

~2019年もとにかくリコールが多かった~ 2019年も残すところ僅かとなりましたが、自動車メーカが日々頭を悩ませているのがリコール問題。 決してネガティブなものではなく、何か問題が発生する前(発生した後)に対策品や改良を施すことでトラブルを防ぐ重要なものとなっていますが、もちろん対象台数やリコール ...

リコール関連, 欧州メーカ, >ポルシェ

~衝突事故を起こしてもエアバッグが展開しない恐れアリ~ ポルシェ「911/パナメーラ/ボクスター/ケイマン」含む全28車種・計1,222台にリコール。 リコールの内容としては、エアバッグコントロールユニットにおいて、電源用コンデンサのコーティング硬化工程が不適切なため、電源用コンデンサの耐久性が低い ...

リコール関連, 日本メーカ, >スバル

~最悪の場合、エンジンが停止する恐れも~ スバル「XV/フォレスター」の2車種・合計14,433台にリコール。 リコールの内容としては、ブローバイガス還元装置において、PCVバルブの材質が不適切なため、クランクケース接続部の耐久性が不足しているものがあるとのこと。 そのため、当該接続部の破損により燃 ...

リコール関連, 欧州メーカ, >フォルクスワーゲン/アウディ/セアト/シュコダ

~最悪の場合、フェンダー内側のカバーが外れる恐れアリ~ アウディ「Q5/SQ5」含む6車種・計6,026台にリコール。 リコールの内容としては、後部フェンダー内側の樹脂製カバーにおいて、取付クリップの形状が不適切なため、走行振動等により取付クリップが緩むことがあるとのこと。 そのため当該クリップが外 ...