スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

世界に一台の「ウラカン・ペルフォルマンテ」。その存在感は別格 ランボルギーニのモータースポーツ部門である「ランボルギーニ・スクアドラ・コルセ」のシンボルマークであるトリコロールファイティングブルを描く最強のチーム「THE EMPEROR Racing」の、世界に1台しか存在しないワンオフ特別仕様モデ ...

その他, スーパーカーメーカ, >ハプニング関連, >ランボルギーニ

イベントならではの有り得ないハプニング アメリカ・フロリダ州のキーウェストにて開催されたAutoprideイベントより、様々なスーパーカー達がパレードランをしているとき、ブラックのランボルギーニ「ウラカン」に乗っていた男性が、パレードランの渋滞を利用して(相当感情もハイになっていたのか)そのまま「ウ ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

何とも破格のランボルギーニ「ディアブロ」が販売中 ランボルギーニ「ディアブロ」といえば、同社フラッグシップモデル「カウンタック」の後継として登場し、中古車相場にして約2,000万円まで跳ね上がっているプレミアモデルでもありますが、今回そのモデルが約880万円にて販売中。 こちらの個体、2001年モデ ...

スーパーカーメーカ, 車関連, >フェラーリ, >ランボルギーニ

夢のガレージ付マンションがオーストラリアにも登場 オーストラリア・メルボルンでは現在、豪華な20階建てマンションを建設する新規プロジェクトが進行中で、このマンション内には全て、ガラス張り(ガラスはオプション)のガレージが設けられるとのこと。 このプロジェクトを発足したRealEstateは、既にシン ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

ランボルギーニの第4モデルは一体どうなる? ランボルギーニは以前、2025年から2030年の間に「アヴェンタドール/ウラカン/ウルス」に次ぐ第4のモデルを追加する計画を発表しましたが、これに加えて同社CEOのステファノ・ドメニカリ氏が「新たなランボルギーニモデルが2020年代半ばまでに登場する可能性 ...

その他, スーパーカーメーカ, >ドラッグレース関連, >マクラーレン, >ランボルギーニ

「ウラカン」リベンジに燃える 以前、ランボルギーニのエントリーモデル「ウラカン」が、ドラッグレースの帝王・マクラーレン「720S」とのドラッグレースバトルに挑みケチョンケチョンにやられてしまいましたが、今回はちょっとしたハンディを頂いてのリベンジマッチ。 ランボルギーニ「ウラカン」とマクラーレン「7 ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

「ウラカン」僅か4年で販売台数10,000台に到達 昨年の10月、ランボルギーニはこれまで販売してきたエントリーモデルのV型10気筒エンジンを搭載する「ウラカン」(2014年販売スタート)と、フラッグシップモデルのV型12気筒エンジンを搭載する「アヴェンタドール」(2011年販売スタート)が、それぞ ...

オフ会・展示会等, スーパーカーメーカ, 事故関連, 日本メーカ, >ケーニグセグ, >トヨタ/レクサス, >パガーニ, >フェラーリ, >マクラーレン, >ランボルギーニ

8月はスーパーカーを見に行こう! 世界の大富豪や俳優、音楽プロデューサーといった名だたる有名人がスーパーカー/ハイパーカーに乗って公道走行する「ガムボール3000」が開催されます。 本イベントでは、欧州を始め海外をメインに活動してきましたが、今回はイベント開催20周年を迎えるということで、ようやく日 ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

正式にV10/V12NAにハイブリッド搭載へ ランボルギーニは以前、同社テクニカルディレクターのMaurizio Reggiani氏より「ウラカン/アヴェンタドールの次期モデルには、ダウンサイジングターボを採用せずに従来通りV10NA/V12NA+電気モータのハイブリッドパワートレインを採用する」と ...

スーパーカーメーカ, 事故関連, >ランボルギーニ

恐らく世界で一番最初のクラッシュ ポーランドにて、ランボルギーニ初のSSUVモデル「ウルス」が早くもクラッシュ。 事故の詳細としては、プジョーのエントリーモデル「106」が、ランボルギーニ「ウルス」の後ろを走行していたところ、ロータリの入口で「ウルス」が停車したことに気付かず、そのままオカマを掘って ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

かなり稀な「ムルシエラゴ」が登場 2001年から2010年まで製造されたランボルギーニのフラッグシップモデル「ムルシエラゴ」。 過去10年間で4,099台を生産し、その後の後継モデルとして「アヴェンタドール」が登場しました。 「ムルシエラゴ」は、ランボルギーニがアウディ傘下になってから最初に販売され ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

ランボルギーニの成長はまだまだ止まらない ランボルギーニが、2018年半期(1月~6月)の販売台数を発表。 今年上半期の販売台数は2,327台を達成し、この記録は2013年の”年間”販売台数となる2,121台を上回る結果となり、恐らく今年の年間販売台数も前年を大幅に上回る記録を作ることになるでしょう ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

コンセプトカー「カント」のデザイナーは何と日本人! ランボルギーニのフラッグシップモデル「ディアブロ」の後継モデルといえば「ムルシエラゴ」ですが、元々後継モデルとして登場予定だったのがザガートの原田則彦 氏がデザインした「カント・コンセプト(P147)」でした。 1990年代後半までに、「ディアブロ ...

スーパーカーメーカ, リコール関連, >ランボルギーニ

アメリカにて納車されているランボルギーニにリコール ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドール」等にリコール。 リコール内容によると、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジン&7速シングルクラッチトランスミッションを搭載するモデルに関して、低回転から自動的にダウンシフトするときに突如 ...